メール鑑定

ドラゴンヘッドが双子座へ 2 ~過去はどうだったの?

前回の記事では、蟹座から双子座にドラゴンヘッドが移動すると、世の中のムードが変わります、という記事を書きました。こちら です。

ここでは、(このブログでは毎度、おなじみですが)過去に同じように双子座にドラゴンヘッドがあったときに、何があったのかを調べてみました。
占星術の良い点は、こうした社会でもあるいは個人でも過去に似たような配置が合ったときを思い出して、未来を考えることができることです。

過去の検証はふたつしました。
いずれも、ドラゴンヘッドの移動というより、ドラゴンテイルにトランスサタニアンが関わっている事の方が印象に残っています。
チャートはドラゴンヘッドが移動したあたりで出しています。ご参考までに。

また、ドラゴンヘッド、ドラゴンテイルが真向かいになるのでそこを軸として、ノード軸と呼ぶこともあります。
このドラゴンヘッドは単純には他の天体と違って逆にすすむのですが、実際は多少、ブレているのです。
そのブレを細かく計算した場合、トゥルーノードといい、平均するとミーンノードといいます。
ここでは、話を単純にしているのですが、お示ししたチャートではトゥルーノード(true node)が示されています。
なので「T」がちっさく書いてあります。(見えるかな)

1.1983年3月~1984年9月

このときは、射手座に天王星があって、射手座から山羊座にかけて海王星が移動していく時です。
スピリチュアルとか、霊的な成長にこだわるドラゴンテイルが天王星によって世間の常識や従来の考えにとられれずに、ということになります。
また最初の頃は木星もあったので、それを「よい事」とするので、より強調されているようです。

1983年にはWHOの小委員会で健康の定義について「spiritual」な部分も健康に含まれると、検討をしはじめた時です。(その後、見直しをされたのですが、健康の定義についてにはspiritualという言葉が残っています)→日本WHO協会のサイト 健康の定義について
その後、地下鉄サリン事件などを引き起こすオウム真理教の前身である団体が発足されたのも、このあたりです。

2.2001年10月から2003年4月

この時はドラゴンヘッドのある双子座に木星があり、ドラゴンテイルがある射手座に冥王星があります。
極端な思想精神性や思考が、別の精神性や思考を破壊し再構築していくときです。思想や成長より、現実に生き延びることが意識にのぼってきます。
2001年にはアメリカの同時多発テロがあり、その後の「テロとの戦い」として宗教、思想を持つ事の戦いとなっていきます。

3.2020年5月から2022年1月

今回です。前回 書きました。
これもドラゴンヘッド、ドラゴンテイルの軸としてみると、また、違う読み方もあるようです。
今回は、山羊座にドラゴンテイルがあり、冥王星、土星が関わってきたので、既存の社会やルール、枠組みのままでいい、こだわりたいというところが壊されて、再構築されています。
そうだからこそ、身近な感情を共有できる人間とだけ一緒にいたいという傾向があったのだと思います。

4.2039年2月から2040年8月

次回です。
冥王星は水瓶座に移動しています。「風」の時代が始まっています。
天王星が蟹座にあったので、この前の時代、感情を共有できる仲間というイメージもかなり変わってきているはずです。

これから新しい時代がやってきます。
あなたは、どこで何をしているのだろう。

ここに書いた事は、全体の雰囲気です。「私はどうなの?」は、鑑定のご案内 からどうぞ。

チャートは、MyAstroChart さんで作りました。