金星逆行 2020年

今年は双子座に金星が長期、滞在するのが特徴なのです。その金星が逆行を開始します。
逆行とは普段、前に進んでいる惑星が向きを後ろ向きに進行していくことです。
5月13日から6月25日まで。特に、逆行開始の前後3日と、終了の前後3日は要注意です。

太陽と月は逆行しません。逆行するのは、天才バカボンだけ。
「天才バカボン」アニメ主題歌 赤塚不二夫公式サイト

金星は愛情を象徴します。双子座にあるので、愛情の伝え方の見直しが読み取れます。
また、人との距離感や、自分のお楽しみも見直す時でもあるようです。

この時期、魚座には海王星があって、この金星は海王星から影響をうけます。
ここからはネットの情報に惑わされて過剰に楽しんでしまうようすが読めます。
ネットのゲームに夢中になって、何もできません。課金がすごいです、とか。
遊びすぎという事や、お酒の飲み過ぎ、ドラッグの問題もありそうです。
また、SNSでの炎上があったり、あるいは誰かをつるし上げするような攻撃が起きやすくなるようです。
あるいは、ウワサを聞いて相手への信頼をなくしてしまったり、空気をよんでヘンな距離感をとってしまったり。

対人関係だけでなくても、日常にちょっとダラしない事を許してしまう、見合わない出費をしてしまうかもしれません。

また、この時期は愛情を見直すので、復縁もありそうな時期です。
ただ、ここでも魚座の海王星の影響はあります。
バリエーションを求める双子座と、なんとなく拒絶することのない魚座なので、浮気だったり、気軽な気持ちで関係をもったりする可能性も。
楽しいからいいやという気持ちや、アルコールが入ったときには、ちょっと立ち止まってみて。

さらに、6月18日からは水星が蟹座で逆行を開始します。
ただの事実なのに感情をのせてしまって、誰が敵かと感じてしまいやすい時です。
単にネットの不調なのに、ラインに既読がつかない事はいつもなら説明があればわかります。
でも、この時期は必要以上に心配しまうこともありそうです。

この水星逆行の時期には、金星と海王星の強い配置はすぎていますが、金星はまだ双子座にあり、魚座には海王星があります。
「誰が敵か」の気持ちが加わると、ネットで特定の誰かを攻撃する方向が強くなっていきそうです。

6月下旬は大事なパートナーとの時間を取り戻すという時間にしましょう。

この時期、同時に木星と土星も逆行しています。土星と木星の逆行については、 こちらに 書きました。
社会的なルールの見直しもありそうですが、少し長い時間をかけて、これから先々を見通した計画の見直しもありそうです。

金星逆行では愛情や距離感を見直す時です。
結果として、必要な関係が自然と残っていき、誰が大事なのかもわかってくると思います。

社会や集合チャートは、全体の雰囲気です。「私はどうなの?」は、鑑定のご案内からどうぞ。