メール鑑定

夏至の日の日食 2020年6月21日

今年の夏至の日は、新月です。
そして、その新月は日食をともなうものです。
この日食は、日本では沈んでいく太陽が欠けていくようすが見えます。


国立天文台 ほしぞら情報から)

夏至というのは、太陽が黄経90度にきたときの時間です。
今年は、2020年6月21日です。朝の6時44分です。
国立天文台 暦要項から)

この新月になるのが2020年6月21日の15時41分。

時間の流れとしては、朝、夏至→夕方、日食の流れ。

西洋占星術では二至二分(春分、秋分、夏至、冬至)のときのホロスコープを重要なものとして読みます。これは夏至の時のホロスコープ。

また、新月満月のときのホロスコープも、そのひと月を象徴するものとして読むことができます。
特に日食については、影響が大きいので半年、あるいは数年その影響下にあると読む方もおられます。

これは新月(日食)の時のホロスコープ。

なのでこの夏至と新月のホロスコープのふたつは、それぞれ、別の読み方ができます。
でも、当然ながら今年は同じ日なので、天体配置としてはほぼ同じ。

違うところは、ハウスと月の位置。

ハウスについて書いていくと、一冊の本くらいになるので、ここでは書きませんが、
「実際にその事がおこる場所」としておきます。

夏至の時の太陽と月は12ハウス。12ハウスはみんなの心のなかや、見えないもの。
このご時世なので、新型肺炎のウィルスや病院というのも象徴されているように読めます。
そのあと、日食の時の太陽と月は、8ハウス。8ハウスは、同じ心のなかでも、大事な誰かの心のなかや、見えないものになります。
みんな、といっても、自分とは全く関係ないわけじゃなく大事な人との関係でも、起こってくるようです。

さらには、これは東京でホロスコープを作っています。
でも、実際には、自分のいる場所で、あるいは自分の生まれたときのホロスコープのどこのハウスでこれが起こるのかが重要。

また、細かくみていくと、月の位置が違います。

夏至では月は双子座。魚座の火星とスクエア。
その後の、日食では月は蟹座。水瓶座の土星と150度。
誰かのためになることでないと意味がない。
そのなかでも、さらに気持ちが大事だけが大事なんじゃなく、実際に何か実績を積んでいくこと。

このご時世では、自粛要請だけじゃなく生活費や会社をまわす運転資金が必要なのよ、という事かもしれません。
そしてその地域のチャートによって、ハウスが違うように、新型肺炎との戦いは、新しい方法で、しかもその国、あるいはその地域にあったやり方をやっていくことになると考えます。
なので、ある国では成功していて、ある地域ではそうではないこととなっている一方で、ここで逆行していく木星は感染が終わっているわけではないように読めます。

夏至のホロスコープ、あるいは日食のホロスコープにこめられた意味は、それぞれにあります。
でも、こうしたハウスの流れ、あるいは月の動きからだけでも、今後、数ヶ月あるいは数年の流れの象徴が含まれているように思います。

社会や集合チャートは、全体の雰囲気です。「私はどうなの?」は、鑑定のご案内からどうぞ。

チャートは、MyAstroChart さんで作りました。

スポンサーリンク