メール鑑定

火星 牡羊座へ 2020年

2020年6月28日牡羊座に火星が入ります。
今回は、長期滞在。
火星は、普通、ひとつのサイン(星座)には、2ヶ月くらい滞在するのですが、今回牡羊座では逆行をしながら半年以上になります。牡牛座に抜けるのは2021年の1月7日です。

牡羊座の支配天体は火星なので、その力を十分に発揮します。
この時期、山羊座には木星、土星、冥王星があります。
土星も山羊座の支配天体なので十分、パワフルです。
この山羊座とは調和的な配置をとる牡羊座なので「戦い」「挑戦」「行動力」「やる気」という火星の力は、思う存分外向きに発揮されます。

さらに来年2021年、牡羊座から牡牛座に移動した火星は、ほぼ同時に水瓶座に移動する土星、木星とも強い配置となっていきます。
ここでは一転してピンとはった綱のような、内側に向かう火星のパワーが発揮されることになります。

いずれにしても、これからしばらく火星の動きに注目していきます。
ただ、山羊座の土星と牡羊座の火星はともに支配天体です。
山羊座も牡羊座も活動宮なので、かなりバタバタしそうですが、そのパワーはわりと素直というか、まっとうな方向に向かうように読んでいます。

その間10月には火星は地球へ接近してくるので、パワフルな大きな天体イベントのきっかけ「発火点」となるようです。
上にわりと素直とうか、まっとうな方向と書いたのですが、実はここだけちょっと違うと思っています。
この地球に接近してくる9月上旬から11月にかけての時期ですが、この時期、火星が逆行します。
9月10日から11月14日です。
パワフルな火星がパワーダウンするとともに、人によっては「場外乱闘」のような場違いなところでの争いが生じることがあるかもしれません。
同時期に水星も、蠍座で逆行するので「恨み、はらさでおくべきか」「百倍返しだ」のような復讐劇もありそうです。水星の蠍座での逆行は10月14日から11月4日です。

いずれにしても、人のやる気や挑戦といった外向きのエネルギー、スイッチをいれながら、年明けには一転して緊張感のある配置となる火星は、今年の後半の鍵、スイッチ、あるいは火だねとなっていくと思います。

むしろ、何か始めたいと思っている方は、2020年年末までに。この火星が牡羊座にある時期でれば、モノゴトは動きやすいと思います。
来年以降は、じっくり動いていく、つまり動きにくい状況になります。
活動宮の火星なので、あれもこれも同時になんでもやりたい、というエネルギーですが、そのいくつかやっているもののなかで来年以降もずっと続くことのできるタネだけが花を咲かせていくでしょう。
そして、ことしのバタバタは、どれもこれも「今」やりたいという事から始まるので、順番をつけて時間をくぎってやっていくことをおすすめします。

そして、このブログを読んでいる方で、ホロスコープがだせる方は、ご自身のホロスコープのなかで火星がどの場所にあるかで、そこで「やる気」「挑戦」をすることになるので、確認してみてください。
ご自身のホロスコープをだせる無料のサイトについては、こちらの記事で説明しています。

ここに書いた事は、全体の雰囲気です。「私はどうなの?」は、鑑定のご案内 からどうぞ。