メール鑑定

水瓶座 満月 2020年

水瓶座で満月があります。8月4日東京でのチャートです。

満月のホロスコープは、新月で始まった事の成果や結果が表れる時として、どのように現実化されたかを読みます。

太陽は、3ハウス獅子座。月は、9ハウス水瓶座。天王星がそれぞれ強い配置にあります。
この満月に先行して2日には天王星と太陽が強い配置となっています。こちらの記事で。

木星と火星がスクエアで、山羊座の天体たちが水星と向い合っています。
また、天王星と太陽の真ん中に金星とノード軸がとおっています。
一挙にためこんだ力や、ホンネが噴出してきそうな緊張感があります。
この社会、組織に対する「NO」をつきつける動きがありそうですが、「NO」の先はどうするの?という社会、組織からの反発があります。
そして、ただ新しいものを始めるといっても、それが具体的ではないとその動きはおしつぶされ、あるいは自分自身にその力が向かってきてしまう可能性があります。
それは、自分を変えていかなければいけない緊張感や自覚もあるのも原因のひとつかもしれません。
でも、これからどちらに向かったらいいのか、現状を否定するだけで次の方向の先が、見えていない部分があります。

どうしてもこのご時世なので、新型ウィルスによる感染症によせて読んでしまいます。
拡大の木星と、感染症の海王星が調和的な配置なので感染の拡大は続いていそうです。
海王星が10ハウス。
ここも21日の新月と似ているのですが、海王星という見えない感染の広がりを示している天体が目立つところにあるのでやはり新型コロナウィルス感染症の拡大が気になります。
そして8ハウスなので、最初は「夜のまち」かもしれませんが、その実体の広がりはつかみにくいです。
クラスターの発生があり、「新しい生活様式」で対応しようとするのですが、いままでやってきた事はなかなか、変えられないので難しい。
しかし、月は水瓶座で、天空高くにあり、決して目指すものをあきらません。
新月の時と違って水瓶座の天頂なのでこれも天王星が示すような新しい方向になんとか舵をきっていこうとしていく動きが読めます。

8ハウスには木星、冥王星、土星があります。逆行中。2ハウスの蟹座水星と向かい合っています。
「いままでのルールで」「組織で動いているから今さらどうしようもない」「上が言ってるから」という社会の流れがあります。
そして一方で、それをひっくり返そうとする流れがあって、それが国内経済や、個人の収入に直接、影響を与えています。

木星、土星、冥王星とも逆行中。
社会の混乱はもうちょっと続いていきそうです。こちらの記事で。

アセンダントは双子座。支配天体の水星は、1ハウス蟹座。土星と向い合っています。
自分の身内だけの小さなグループで、大きな組織と向かい合ったいるようです。
それは、もともと大きな組織のなかで得たつながりや技術かもしれませんが、単に、組織のブランドを借りるのではなく、そこで鍛えられた成果もあると思います。
なので、組織でいままでやってきた事で生活をささえていく一方で、新しいチャレンジをしていくという流れになります。

天頂はギリギリ水瓶座ですが、海王星が10ハウスにあります。
ここも21日の新月と似ているのですが、海王星という見えない感染の広がりを示している天体が目立つところにあるのでやはり新型コロナウィルス感染症の拡大が気になります。
ただ、新月の時と違って水瓶座の天頂なのでこれも天王星が示すような新しい方向になんとか舵をきっていこうとしていく動きが読めます。

しかし、新しい方向といっても、そのきっかけとなる天王星は12ハウスなのでかなり見えないところにあります。
しかも、これから月は欠けていって新月に向かいますが、一方で火星は冥王星と強い配置となっていき、天王星が逆行に向かいます。
なので、これからは、その「新しい方向性」ってそれでいいの?という問いかけもありそうで、バタバタと忙しく、方向性が見えにくいようです。

個人としても、変わっていく社会の変化はわかっいるけど、それを日常にどう落とし込んでいくがわからない。
そして、自分のいままでのやり方にいつまでもこだわっていると先に進めないのも実感としてあると思います。

そして、カンタンにはいかないとしても、月のある水瓶座の支配天体が天王星であるので、なんとかして着地点をさぐっていくと思います。

私らしくあることとは過去から続いてきた自分を肯定するので、それをなくしてしまうのは「自分らしくない」という落ち込みがるのですが、一方で新しい生活を手探りしていく満月です。
そして、その新しい方向も見えにくいのですが、「楽しいじゃん!」「おもしろい」をアンテナにするのもおすすめです。

ここに書いた事は、全体の雰囲気です。「私はどうなの?」は、鑑定のご案内からどうぞ。

チャートは、MyAstroChart さんで作りました。