メール鑑定

冥王星 火星 スクエア 2020年

2020年は火星が牡羊座に長期滞在することが特長です。
牡羊座の支配天体なので、そのパワーは素直に発揮されて、自分の意思を外に押し出す事、攻撃的な姿勢、行動力、活動的であるという「燃料」が常に注ぎ込まれます。

活動宮(牡羊座・蟹座・天秤座・山羊座)に月、太陽などの天体がある方は、この年末までの時期は、ちょっと落ち着かないでしょう。
イラッとすることもあるかもしれませんので、火星という行動力をうまくコントロールできてない方は、ファイティングポーズを取る前に深呼吸して。
また火のサイン(牡羊座、獅子座、射手座)の方は、火星のエネルギーを上手に受け取れるときです。

この火星が山羊座にある冥王星とスクエアという強い配置になります。
極端さをもつ冥王星が活動宮でスクエアとなるので、急激すぎる変化、活動的あるいは攻撃的すぎる行動になっていきそうです。あまりに強い力が急に押し出されるので、暴力的なイメージがあります。
あるいは、逆に急な停止や方向転換をせざるを得ないこともあるでしょう。

どちらにしても極端な行動やイベントが起こりそうな時期なので、行動を起す前にちょっと立ち止まることも必要かもしれません。

2020年末までに火星が冥王星とスクエアになるのは3回あります。

1.2020年8月13日
天王星が15日から逆行を開始しようとしている時で、この時もほぼ止まっています。
ソーシャルディスタンスや新しい生活習慣など、新しい方向が見えてきた時ですが、それもここにみて見直しする可能性があり、社会的に混乱しそうです。
そんななかで、自分の意欲を押し出していきたい時ですが、組織や社会から急な方向転換を求められるかもしれません。

2.2020年10月9日
火星が逆行しながら2度目の冥王星とのスクエアになります。この火星は地球に最接近するのは10月6日です。また、天王星も逆行中。
本来の牡羊座にいる火星なので、火星の積極性や行動力が素直に発揮されるはずですが、このときはその行動力があまり良い方向に向かわない可能性があります。
このあと14日から蠍座で水星が逆行を始めます。
火星の逆行とも重なるので、「やられたらやり返す」「うらみ百倍返しだ」という徹底的なことにもなりそうなので注意が必要です。
火星最接近2020 国立天文台

3.2020年12月23日
土星が水瓶座に移動し、そのあと木星が水瓶座に移動します。
そして水瓶座で重なるのが12月22日です。その翌日になります。
来年、あるいはこれから30年にむけて新しい方向性がしめされるグレートコンジャンクションをへて、いままでの組織、社会からのプレッシャーがあるかもしれません。グレートコンジャンクションについては、こちらの記事で。
ただ、この火星はこのあと牡牛座に移動し天王星に向かいます。
グレートコンジャンクション後の新しい価値観といってもまだまだ、実感のないときです。
その新しい価値観を実際の生活にどう、落とし込んでいくかという問題に取り組んでいくことになりそうです。

どのときも、年齢的にまだ、火星の攻撃性が自分自身でうまく使えない方や、攻撃性をだすのを遠慮する方だとこの火星は、外側からやってくる、つまり攻撃される事になるので、この火星のパワーをうまく自分で使うことをおすすめします。
てっとリ早いのはスポーツです。
また、他人の情熱に流されずに、自分の感覚を信じる事や私は私と割り切ることも大事だと思います。

一方で、活動宮(牡羊座、蟹座、天秤座、山羊座)の配置なので、動きが活発であるという事もあります。
「いままで、迷っていたけれど結局、動き出しました」という事もありそうなので、むしろ、この機会にやってしまえ、という勢いもありそうです。

ここに書いた事は、全体の雰囲気です。「私はどうなの?」は、鑑定のご案内からどうぞ。