メール鑑定

獅子座 新月 2020年

獅子座で新月があります。8月19日東京でのチャートです。

新月のホロスコープは、新しい目的が生まれる日として、その月のテーマを扱います。
太陽と月は、獅子座。ほぼ天頂にあります。

火星と冥王星が8月13日に強い配置(スクエア)となって、これから土星と火星が強い配置(スクエア)に向かうところ。
アクセルを踏んで、前へ自分の意欲を押し出していきたい火星は、社会的なルールに縛られて動くことができません。
活動宮なので、急なストップ、急ブレイキをかけられたという印象です。
しかし、その縛っている社会的なルールといっても、そのルール自体が変更され再構築しているところです。

そして、8月15日から天王星が逆行に転じているので、じゃあ、すべて新しい基準や、これからの生活が進むべき方向かといえば、それも単純にそうとも言えず、それも見直しをしているところ。

なので、自分の好きなように進んでいいのか、ウエからの指示を待っていたらいいのかさっぱりわからない状態のなかにあります。
しかし、その状況でも自分はどうしていきたいのか?というのがテーマになります。
内からも外からも圧力のある状況で、爆発してしまいそう。
そのパワーが外に向かうと攻撃的な行動になるし、自分に向かうと自分を傷つけてしまいます。

ほぼ天頂にある太陽と月、水星は、自分のやりたいこと、社会的な立場を明確にさせていかなければならないので、この状況としてはフリーズして固まっているわけにはいかず、何らかの意思の表明をする必要にせまられてくるでしょう。
その判断が「正しい」のか「間違っている」のか、この時はわかりませんが、とにかく声の大きな人が正しいような雰囲気があって、できることがなければ黙っているしかないと思うかもしれません。

これから満月に向かい、アクセルとブレイキを両方踏むような周囲のプレッシャーも続いていきますが、このパワーを上手にコントルールし、あるいは適度に発散しましょう。

その後、20日には水星が乙女座に入ります。
そのあたりからは、この状況を分析し、あるいは誰かに相談することで状況になんとか折り合いをつけていこうとする動きになっていくと思います。

むしろ、どんどん物事が変わっていき、新しい展開にすすむアクティブさを楽しむ姿勢でまいりましょう。

8月25日は伝統的な七夕。しちせきのお節句です。
梅雨もあけて、この時期の方が星はみやすい時、夜空をみあげてみませんか。

国立天文台 

ここに書いた事は、全体の雰囲気です。「私はどうなの?」は、鑑定のご案内 からどうぞ。

チャートは、MyAstroChart さんで作りました。