メール鑑定

土星 火星 スクエア 2020年

前の記事で、冥王星と火星の強い配置(スクエア)について書いたのですが、今、山羊座の冥王星の近くには土星も位置しています。冥王星と火星については、こちらの記事で。

火星と冥王星がスクエアという強い配置になる前後に、土星も火星とスクエアとなります。
冥王星にくらべ、より現実的な影響がでてくる時期だと思います。

以前の天体の逆行の表に火星とのスクエアをのせてみました。
*は調和的な配置(セクスタイル)
○は、重なる配置(コンジャンクション)
◎は、向かい合う配置(オポジション)
□は、強い配置(スクエア)を示します。

冥王星と火星では、見えないプレッシャーだった事でしたが、それが土星と火星になると、急激すぎる突然の変化、活動的すぎるパワーの爆発といった象徴が具体的に現実化しやすい時です。
マイルールで動いていきたい時に、「ここではこれが常識だから」とか「ウエがそう言ってるから」と制限が突然、かけられてくるので行き先を失ったエネルギーが爆発してしまいそうです。

また、蕁麻疹についてをきっかけにして木星、海王星、冥王星の配置についても書きました。こちらの記事で。
身体への影響がありそうな天体配置の時に、アクセルとブレイキを両方同時に踏むようなエネルギーの方向が見えない配置。思わぬ方向からのツッコミで、カチンとくる事や、行き先を失ったエネルギーがとばっちりにあったりしそう。
冥王星がからむと、ギリギリまで我慢をするような事にもなる可能性があります。
ちょっと無理、という時は、積極的に休むという方向でまいりましょう。

ここに書いた事は、全体の雰囲気です。「私はどうなの?」は、鑑定のご案内からどうぞ。