メール鑑定

魚座 満月 2020年

魚座で満月があります。9月2日東京でのチャートです。

満月のホロスコープは、新月で始まった事の成果や結果が表れる時として、どのように現実化されたかを読みます。

太陽は、8ハウス乙女座。月は、2ハウス魚座。
誰かに対しアクションを起していくのですが、それは例えば「献身をささげる」というような頭が下がるような努力を伴う様子になっています。
実際に何かアクションをすることのなかに、祈りをささげるという事もあります。

そしてその献身は、自分ではなく誰かのためにとすることは、結局は自分を許しあるいは、自らの癒しとなっていくようです。

誰かのための献身や祈りをすることで、自分のため、癒し、功徳にもなるようです。

新型コロナウィルス感染症に寄せて読みます。
最近の新型コロナウィルス感染症は、感染者数も多いのですが、入院されあるいは治療をうけている方、あるいは残念ながら命をおとした方が春先より多くなっています。

自分の間近にある新型コロナウィルス感染症をうけて、隔離された病院では、専門的な知識をもった医療者が治療を行っているようすが見えます。
4ハウスの天王星がこのふたつをつないでおり、「新しい生活習慣」がなされることで、この感染拡大を防いでいるようすがみえます。

1ハウスには木星、土星、冥王星があり、アセンダントは山羊座。4ハウスの火星と強い配置。
気分的にはかなりプレッシャーもあります。

ステイホームではなく「GoTo」と政府がいいだしたり。
学校は休校なのに、満員電車で通勤している。
といった矛盾に葛藤しています。

しかし、そこも実際には自分の健康状態や、住んでいる地域によって状況はなかりちがっているので、単に不安だ、という事ではなく、自分はどうするのか論理的に考える事が大事です。

この火星と土星、あるいは冥王星についてはそれぞれ別に書いていますので、記事を参照ください。火星と土星については、こちら。
火星と冥王星については、こちら。

また、7ハウス蟹座金星と、1ハウス山羊座が向かいあっています。
天頂は天秤座で支配天体の金星は7ハウス。
人間関係を結んでいきたい、誰かと気持ちを共有したいのが目的。
なのに、そこは単にルールだから、とか、わかって欲しい(わかっているはずなのに)というう葛藤もあります。
でも、これも他者への思いやりを行動で示すことが大事。

新しい生活習慣だったり、誰かへの思いやりを実行することだったり。
考えてみたら、ジリジリと感情をもてあますのではなく、実際に行動することが解決の道筋だったのに、気がつかなかったのかもしれません。

周囲では、エネルギーがうまく出せずにイライラしたり、されたりという事もあって身体もこころもシンドいときです。

だからこそ、誰かのために祈りを捧げる事で、自分も落ち着く、癒されることになっていくのではないでしょうか。

水星と太陽が乙女座にはいって、そのあたりを実際に始めることで、解決の道も見えてきました。

これから、太陽と海王星がむかいあう配置に向かいます。(9月12日)
その翌日は木星が逆行を終了し、土星も9月下旬には順行に転じます。
猛然と忙しかった時期から、なんとか着地点をさぐっていくようになります。
もちろん、ルールだからとか、組織として、というカタい話にはなるのですが、そのおおもとには、誰かのためにという気持ちが大事なんじゃないの?という満月のようです。

ここに書いた事は、全体の雰囲気です。「私はどうなの?」は、鑑定のご案内からどうぞ。

チャートは、MyAstroChart さんで作りました。