メール鑑定

太陽と海王星 オポジション 2020年

太陽と海王星が向い合う配置になります。9月12日。
このときに、山羊座の天体たちとは調和的な配置。

社会や組織の激変、リストラクションは継続しています。
ほんの1年前、といわずに、数ヶ月前にこんな世の中、社会あるいはこんな事をしているとは思っていなかったと思います。

そんな激変のために、あるいは力のあるものが正しいという理論のために、あるいは「その次」を見越した準備のために、今は自分にできることで、せっせと手を動かし、あるいは気配りをしているようです。

海王星というとやはり感染症が気になります。

新型コロナウィルス感染症が直接、個人の社会活動に影響をあたえています。しかし一方で、社会的な手続きによって救われていくようすもみえます。
それは、ワクチンや治療薬のめやすが見えてくるとか、公衆衛生のルールが決まってくる時と読めます。

しかし、一方で火星と土星はまだ強い配置を保っており、火星は逆行中。
火星と土星のスクエアについては、こちらの記事で。
このあと水星も逆行に転じます。
また、木星と冥王星も再度、コンジャンクションとなるのは11月中旬です。
木星と冥王星のコンジャンクションは、こちらの記事で。

この木星と冥王星のコンジャンクションを最後にすべての天体が冥王星から離れていくので、終末につっこんでいくようなプレッシャーはなくなっていくのですが、まだまだ、変化は続いていく時。
いま、すべきことが多いかもしれませんが、「もうダメ」の前に「攻撃的に」お休みしましょうね。

この数日後、新月を迎えて、季節がかわっていく手前です。

ここに書いた事は、全体の雰囲気です。「私はどうなの?」は、鑑定のご案内からどうぞ。