メール鑑定

牡羊座 満月 2020年

牡羊座で満月があります。10月2日東京でのチャートです。

満月のホロスコープは、新月で始まった事の成果や結果が表れる時として、どのように現実化されたかを読みます。

太陽は、12ハウス天秤座。月は、6ハウス牡羊座。
自分のできることをさぐりつつ、準備をしているところです。
自分のできること、といってもかなり、視野は狭くてホントに相手の要求に応えているか、社会のニーズにあっているかはアヤシいところです。

太陽と月が、6ハウスと12ハウス。月のあるのが6ハウスで海王星が6ハウスにかかってきています。この新型ウィルスによる感染症もまだ、収まっておらず、身体と心という健康に関すつテーマが気になるところです。
個人としては、誰かのためになるんなら、とか、あいまいなルール運用で働き過ぎだったり、生活が乱れてしまいがちなのは注意しましょう。

また、「ここだけの話だけど、どうしたらいいの?」というような相手の意向をさぐりつつ、それをどう自分のやりたい方向性とすりあわせていくかというテーマもありそうです。
「さぐりつつ」といっても、活動宮(牡羊座・蟹座・天秤座・山羊座)なので、かなりバタバタしているでしょう。
じっくり話を聞いて、という訳ではなく、聞いて→やってみる。
違う→もう一度、聞いてみる→やってみる。
のような忙しさがあります。

アセンダントは天秤座で支配天体の金星はギリギリ獅子座で11ハウス。
自分のやりたい事を将来も続けていきたい、という気持ちがありそうです。

一方、この日までに土星は逆行を終了していますが、火星は逆行中。
この火星が山羊座の天体と強い配置です。

火星はここでは7ハウスにあります。
対人関係のトラブルや相手から持ち込まれるテーマから、自分の居場所がなくなってしまうんじゃないかという恐れもあり、自分のありかたをさぐる、準備をするといっても、気持ちは穏やかではありません。

しかし、これは火だねが相手からやってくるという場合、自分から積極的にでない場合です。

むしろ、自分の足元、居場所を確立することで、積極的に相手に関わっていき、その結果、自分らしさをだしていける時でもあるのです。

次の新月は10月17日。さらに、忙しそうです。
今は「時間がない」と感じているかもしれませんが、いまできる事はしっかり準備をしておく事をおすすめします。

ここに書いた事は、全体の雰囲気です。「私はどうなの?」は、鑑定のご案内 からどうぞ。

チャートは、MyAstroChart さんで作りました。