メール鑑定

山羊座のパワースポット 2021年12月までの運勢

2020年12月水瓶座に木星が入ります。
吉例でございますので、2020年12月から2021年12月までの運勢と、星座ごとにパワースポットをご紹介して、これからの1年をお祝いしたいと思います。

手に入れた武器を「使える」ものにする

稲荷社
ご祭神は、宇迦之御魂神(ウカノミタマノカミ)あるいは、保食神(ウケモチノカミ)。
伏見稲荷大社や、宇迦之御魂神(ウカノミタマノカミ)あるいは、保食神(ウケモチノカミ)をご祭神とする、稲荷社、お稲荷さんがが、パワースポットとなります。

木星が滞在した2020年12月まで。雑誌の占いには「12年に1度の幸運期」と書かれるのですが、そんな、単純なものじゃなかったと思います。
宝くじにあたりまくったり、白馬に乗った王子さまがやってきたり、仕事では何もしなくても給料が上がる・・・そんな棚からぼた餅のような幸運な1年だと思ったのに、そうじゃなかった、と感じているかもしれません。
むしろ良いとは思えないこともあったかもしれません。やってくるものを、ただこなしているだけで毎日がすぎていった方もおられると思いますし、あまり歓迎できない事も起こったと思います。
ただ、木星と同時に山羊座にあった土星は、「現実にできるものはコレ」「実績に残るのはあれ」と実務的に切り分けさせられていたので、好きなことだけやってた訳じゃない。それは、効率的でいいのですが、ちょっと気持ちが追いついていかない部分もあったと思います。

お疲れさまでした。この1年は、ちょっと冷静に現実的になりましょう。
今年は、昨年起こった、いろいろな事から、芽吹くモノを育てるのがこの1年のテーマです。
泣く泣く手放したりしたものや、できなかったこともあったと思いますが、今、手の中に残っているものは何よりの宝物です。才能、スキルです。
もしかしたら、この1年で受け取ったものではないかもしれませんし、生まれた時からもっているものかもしれません。
それを今年は、最先端の技術をつかって磨きなおし、徹底的に鍛え上げて武器とする時です。

才能の開花とともに、期待できるのは金運。
金運といっても宝くじがあたります、とか、遠縁の親戚からの遺産がありますという事ではなく、自分の才能やスキル、武器をつかって稼いでいくのです。
仕事の結果がみえるというのは、山羊座にとって「やりがい」になるはずです。
むしろ、そこがないと金運はジリ貧。

そして、結果を残す現世利益と商売繁盛、金運という事では、やはりお稲荷さん。
なので、お稲荷さんは、おつきあいする時も、現世の方法でおつきあいすると、通じやすいと思います。
つまり、挨拶はきちんとする、お礼参りもする。
その時は、お金をお納めするのをお忘れなく。お酒などのお供えも喜ばれます。ここも、現世に準じて。
ホンキのお願いは、神職に間にたってもらって正式参拝、ご祈祷をお願いしてください。
特に稲荷社では、我流の祈祷はすすめられません。どこの神社やお寺でも同じなのですが、神職がおられない稲荷社、あるいは奉仕される方のいない稲荷社で、ご自身で祈祷をしたり、ホンキのお願いをするのは、難しいと思います。

豊川稲荷の記事は、こちら。
豊川稲荷の東京別院の記事は、こちら。

ご祭神が、どの神社におられるかについては、玄松子さんの祭神記のサイトが参考になります。
玄松子さんのサイトは、現在は更新されていませんが、とても参考になるサイトです。

参拝されるのは、総本宮、総本社でなくてはいけない事はありません。ご祭神が同じ神社であれば、同じパワーがあります。

しかし、神社、聖地は、生きている波動を持っています。
同じご祭神であっても、そこに奉仕される方の気持ちが、おかしな方に傾いていると「なんか違う」波動になったりします。
また、参拝される方の波動が強いと、おちつかない雰囲気になっていることもあります。その場合は、早朝などあまり人の多くない時間帯をおすすめします。

以前、私は思うところがあって、連日、明治神宮に参拝していた時期がありました。なかなか難しいのですが、この方法も得るものが大きいと思います。もちろん、月参り、毎月1日にお参りする「朔日詣り(ついたちまいり)」もおすすめです。
お祭、祭祀をしている時に参拝されるのは、よいご縁です。
その神さまも、アガッっているので、パワーアップしている場合が多いのですが、普段、落ち着いた神さまの場合は、別の面がでている可能性があります。
また、御神輿(おみこし)や、山車(だし)で町中にお出かけになっている時に、拝殿はちょっと留守をされている事もありますので、ご注意ください。

でも、まずは、家のお墓、仏壇やご近所の神社に御参拝してから、おでかけください。

そして、直感を信じてください。境内にはいって雰囲気がよいなあ、とか、ずっといたいなあ、という所がよいのです。

また、その聖地、神社にご奉仕されている方にも心からの感謝と、神さまには真摯(しんし)な気持ちで向き合うことをおすすめします。
我欲で聖地に行っても、あまり得るものはないように思うのです。

おすすめは、参拝のあと、その境内で飲食ができる場所があれば、そこで何かを飲んだり食べたりすることです。なければ聖地の近くで大丈夫です。
これはプチ直会(なおらい)だと思っています。神さまと飲食を共にするのです。

そして、「今」いくべき聖地、おすすめのパワースポットについてもこちらから、ご相談ください。

で、「私はどうなの?」は、鑑定のご案内から、どうぞ。


このブログ記事がお役に立ちましたら、こちらからのプレゼントも嬉しいです。

*この記事を書いた人について
 辰巳(たつみ)
 聖地を巡礼する占い師。西洋占星術とタロットを使います。
 メール鑑定と対面セッション、電話での鑑定をしております。
 薬剤師。アロマ検定1級。
 日々の情報発信は、Twitterもフォローください。
 こちらです→ @divinus_jp https://twitter.com/divinus_jp
 このサイトでは、聖地と占いの記事を書いております。

*鑑定について
 メールと電話、対面鑑定を行っています。 鑑定については、こちらで。
 対面鑑定のスケジュールは、こちらで。
スポンサーリンク