メール鑑定

牡羊座のパワースポット 2021年12月までの運勢

2020年12月水瓶座に木星が入ります。
吉例でございますので、2020年12月から2021年12月までの運勢と、星座ごとにパワースポットをご紹介して、これからの1年をお祝いしたいと思います。

未来に通じる風を巻きおこす

八幡宮
ご祭神は、応神天皇。あるいは、神功皇后、比売神(ひめがみ)の三神とされていますが、おひとかた、一柱ではないように感じます。
宇佐神宮など、八幡さまがご祭神の神社が、パワースポットとなります。

未来を目指すのは、本当にやりたいことがあるから。
山羊座に土星、あるいは木星のあった2020年は、火星も長期滞在し多忙をきわめた時だったと思います。
ご自身の方向性が決まらず、あるいはやりたい方向とは全く違う方向からのどうしようもないチカラでねじ曲げられた事もあったかと思います。
まずは、お疲れ様でした。
これからは、新しいものに対するセンスを思う存分発揮するときです。
ありきたりの日常を新しくバージョンアップし、発明していくのが今年のテーマ。
今年は、忙しくても仲間からのお誘いは、断らないのが吉。
上司の指示でイヤイヤ動くのではなく「これやってみない?」という友達からのお誘いは、未来につながるものです。
ただ、今は将来のための投資だからといって、大きなお金をうごかしやすい時でもあり、そこは注意が必要です。
「将来」という言葉には、「将来、こうなったらいいな」と希望に続きます。
また一方で、「将来、不安だから、そのために今をガマンしないといけない」と続くこともあります。2020年はその両方ともに、うまく折り合っていけるはずです。
単に思いつきではなく、きちんとした根拠のある新しさを創っていくのが、2022年の牡羊座です。

八幡さまは、もともとは、新羅(しらぎ)から渡ってこられた方や、八百万(やおよろず:文字に八と万があり、たくさんという意味です)の神さまとも言われているのですが、古事記に記されているのは応神天皇。
その後、神仏集合の時は、八幡大菩薩とお呼びするようになり、今でも寺院でお祀りしているところもあります。
遠くその先、新羅をめざし、海にでていかれた神功皇后は、未来を示す神さまでもあります。また、特定のパワーがある一柱、ひとり、ではなく、いくつものパワーの集合体であるのも特徴。
また、最も多くあるお宮が八幡神社であり、各地でコンビニのようにお参りできる場所。
でも、実はその八幡さまの「中身」は、八幡神ではなく地元の方だったり、別の神さまだったりするのですが、それを許す自由さもあるのです。
この自由さ、未来むけの軽やかさを形にするところは必要な部分だと思うのです。

八幡さまの記事は、ヤマほどあるのですが、地元オシで世田谷八幡宮
あ、最近の記事は最近はないですけど、しょっちゅう行ってます。

ご祭神が、どの神社におられるかについては、玄松子さんの祭神記のサイトが参考になります。
玄松子さんのサイトは、現在は更新されていませんが、とても参考になるサイトです。

参拝されるのは、総本宮、総本社でなくてはいけない事はありません。ご祭神が同じ神社であれば、同じパワーがあります。

しかし、神社、聖地は、生きている波動を持っています。
同じご祭神であっても、そこに奉仕される方の気持ちが、おかしな方に傾いていると「なんか違う」波動になったりします。
また、参拝される方の波動が強いと、おちつかない雰囲気になっていることもあります。その場合は、早朝などあまり人の多くない時間帯をおすすめします。

以前、私は思うところがあって、連日、明治神宮に参拝していた時期がありました。なかなか難しいのですが、この方法も得るものが大きいと思います。もちろん、月参り、毎月1日にお参りする「朔日詣り(ついたちまいり)」もおすすめです。
お祭、祭祀をしている時に参拝されるのは、よいご縁です。
その神さまも、アガッっているので、パワーアップしている場合が多いのですが、普段、落ち着いた神さまの場合は、別の面がでている可能性があります。
また、御神輿(おみこし)や、山車(だし)で町中にお出かけになっている時に、拝殿はちょっと留守をされている事もありますので、ご注意ください。

でも、まずは、家のお墓、仏壇やご近所の神社に御参拝してから、おでかけください。

そして、直感を信じてください。境内にはいって雰囲気がよいなあ、とか、ずっといたいなあ、という所がよいのです。

また、その聖地、神社にご奉仕されている方にも心からの感謝と、神さまには真摯(しんし)な気持ちで向き合うことをおすすめします。
我欲で聖地に行っても、あまり得るものはないように思うのです。

おすすめは、参拝のあと、その境内で飲食ができる場所があれば、そこで何かを飲んだり食べたりすることです。なければ聖地の近くで大丈夫です。
これはプチ直会(なおらい)だと思っています。神さまと飲食を共にするのです。

そして、「今」いくべき聖地、おすすめのパワースポットについてもこちらから、ご相談ください。

で、「私はどうなの?」は、鑑定のご案内から、どうぞ。


*この記事を書いた人について
 辰巳(たつみ)
 聖地を巡礼する占い師。西洋占星術とタロットを使います。
 メール鑑定と対面セッション、電話での鑑定をしております。
 薬剤師。アロマ検定1級。
 日々の情報発信は、Twitterもフォローください。
 こちらです→ @divinus_jp https://twitter.com/divinus_jp
 このサイトでは、聖地と占いの記事を書いております。

*鑑定について
 メールと電話、対面鑑定を行っています。 鑑定については、こちらで。
 対面鑑定のスケジュールは、こちらで。
スポンサーリンク