メール鑑定

冬至 2020年

1年の季節は、はっきりこの日から、という事はありません。
しかし、暦のうえで、大切な節目になる4日間があります。
まず、昼と夜の長さが等しい春分、秋分。
それに、昼間の長さがもっとも長い夏至と、短い冬至。
この四日間の、夏至、冬至、春分・秋分の二分を併せて二至二分(にしにぶん)といいます。

一年でもっとも昼間の時間が短い冬至は、これから太陽が復活してくるお祝いの日でもあります。

古くはクリスマスが、この太陽の復活する時だったとも言われていたり、寺社のなかには冬至の祭祀を行われるところもあります。冬至のお祭りについては、こちらの記事で。

今年は12月21日。その年によって、前後することがあります。
占星術で冬至は、春分、春までの流れを読んでいきます。

今年の春分図では、社会的な事として海外からの圧力、東京オリンピックのタダボラなどについて書いてあります。
最後に「火星、木星、冥王星、土星の影響を日本が強く受けることが読み取れます」などど穏やかに書いてありますが実は内心、イヤだなあ、と思っていて、誰でも目にすることのできるブログで書くことの限界を感じました。
結果は、ご存じの通りで、この流れは来春の春分まで続きます。
2020年の春分については、こちらの記事で。

12月21日東京のチャートです。わかりやすいようにちょっと時間が進んでいます。

来春の春分までと書きましたが、この冬至は一連の節目のなかのひとつです。
15日 射手座の日食の新月
17日 土星が水瓶座に移動
19日 木星が水瓶座へ移動
21日 冬至
22日 木星と土星が重なるグレートコンジャンクション
23日 火星と冥王星がスクエア

なので、1年、20年あるいは200年単位の節目なので、大きな流れのひとつであることを確認したうえで、冬至から来年の春分までの流れを読む取っていきたいと思います。

また、今年の春分図の結果としてみると、春分の時に天頂にあったサインの牡羊座の支配天体の火星が天頂にのっています。
この火星は、冥王星とほぼスクエア。
どうしても、新型ウィルスによる感染症について読んでしまいます。
6ハウスの公衆衛生、健康というテーマから社会のなかでの衝突として読めます。
天頂は政権側として読むので、来春までに現政権内での衝突、闘争があるように読めます。
また、これは個人として読むと、新型ウィルスによる感染症が原因で働き方が変わっています。
その結果、ひとつの会社のなかでの「椅子」「立場」をめぐって競争が起こるかもしれません。
また、いままでいた組織を飛び出す人もおられると思いますが、やや衝動的。
プレッシャーがかかる配置ですが衝動的になる前に、自分のこれからの働き方についてもう一度、考えるときだと思います。

アセンダント(東の地平線)は獅子座。支配天体の太陽は6ハウス山羊座。
6ハウスには山羊座にはいったばかりの水星、太陽もあってとにかく、6ハウスてんこ盛り。
来春までのテーマとして健康、身体の見直し。
それから、働き方の見直し。そして、人間関係も見直しがあります。

いま、この立場、組織、会社で自己実現することと、結果をだすことのジレンマがありそうで、組織のなかでの立場を考え直すこともひとつのテーマ。
来春にむけて太陽がこの冥王星から木星、土星までを通っていきます。
2021年1月下旬までがひとつのやま場、目安です。

一方で、ほぼディセンダントには土星、木星がのっています。
長い目でつきあっていける、組織を離れても情報交換のできる相手、指示ではなくコラボレーションのできる取引先であれば、ご縁がありそうですが、そうでなければお別れすることもありそうです。

このあと、正確に火星と冥王星がスクエアとなるのが23日。
そして、火星が牡牛座に移動するのは2021年1月7日。
年内は、どうしてもバタバタします。プレッシャーもあります。
ウエの方で、衝動的にならないで、と書きました。でも、動かしたいことがあれば、年内に押し込むのもおすすめのひとつです。

ここに書いた事は、全体の雰囲気です。「私はどうなの?」は、鑑定のご案内 からどうぞ。

チャートは、MyAstroChart さんで作りました。


*この記事を書いた人について
 辰巳(たつみ)
 聖地を巡礼する占い師。西洋占星術とタロットを使います。
 メール鑑定と対面セッション、電話での鑑定をしております。
 薬剤師。アロマ検定1級。
 日々の情報発信は、Twitterもフォローください。
 こちらです→ @divinus_jp https://twitter.com/divinus_jp
 このサイトでは、聖地と占いの記事を書いております。

*鑑定について
 メールと電話、対面鑑定を行っています。 鑑定については、こちらで。
 対面鑑定のスケジュールは、こちらで。
スポンサーリンク