メール鑑定

土星と天王星 スクエア 2021年

2021年水瓶座に入った土星と、牡牛座にある天王星がスクエアという強い配置をとります。
2021年に3回あります。2月18日 6月15日 12月24日

お互いに不動宮というサインなので、どちらもゆずらない綱引きのような緊張感のある配置です。
どっちかを優先すると、どちらかができないストレスがあります。

土星はルールを示し、天王星はルールを越えるもの。
水瓶座は未来をめざし、変革していく天体で、牡牛座は繰り返す日常に愛着のあるサイン。
昔からやってきて愛着もあるけれど、これからの時代、変らないではいられないよねという対立なのですが、なにをどう変えていくのかはその人、その場所によって全く違います。
でも、特に日本では「隣の家と同じ」だったり「仲閒と一緒」という同調圧力があります。
そう感じてないとしても、日本語では主語を使わずにコミュニケーションをしており、その無意識のなかで「私」ではなく「私たち」を使う事があります。
なので、自分の立場で判断するというのは難しいので、そのプレッシャーもかかってくると思います。

例えば、現金支払いからネット決済に変更すること。
なんとなく不安だけど、きちんとルールを守ったり自衛することで、ネット決済をすることや、電子マネーを使うことが日常の習慣に入ってきました。
みんながやってるからという感じで、ネットでお買い物をするようになっても、自分のパスワードは自分で守るときめないといけません。

なんとなく不安な事もありますが、慣れきった事やマンネリしている関係をブレイクスルーできる時でもあるので、積極的に「使う」こともできるはずです。
「使う」ことができるかどうかは、その方のホロスコープによります。

それぞれ東京でホロスコープを作りました。

2月18日

最初なのでインパクトは強いし、もっともプレッシャーがある時です。
この17日に月が牡牛座に入っています。火星も牡牛座にあります。
モノを所有するとか、お金を稼ぐという感覚を、新しくしなければならないと感覚でわかっています。
社会や世界の「平等」というルールを広く知らしめていく必要があります。
特に1ハウスに集中して冥王星もあり、4ハウスの天王星は月と重なっています。個人の収入や所有のを見直す必要があるようで、日常生活の変化もありそうです。
「自助」という言葉が「自己責任」となってしまわないようにしてください。自分を追いこまないように。

太陽はすてに2ハウスにあり、じゃあ実際にお金を稼ぐには、とか、生活するにに必要なものはどんなものなのかは、わかっているのです。
ただ、そこにつながるヒントが少ないかもしれない。
でも、その方法はあるのです。ガマンしない、そして、追い詰めないで欲しい。
現状、できることを少しずつやっていくようにして。
もっているもので、なにができるか考えて。
「こうに違いない」と結論ありきで考えないで。
「違ったら、こうしよう」とセカンドチョイスを用意して。

6月15日

水瓶座から木星が抜けているので、2月から比べるとちょっとラクです。
2月のような集中した緊張感はありませんが、気持ちの上で自分らしくありたい獅子座の月、火星が、自分さえ良ければいいのかよ?という水瓶座土星にロックインされています。さらに、天王星からは、いままでと同じワンパターンはなくて、もっとこれからの事を考えて変えるべきと指示をされています。
太陽が双子座にあるので、ゆくゆくの事を考えて、あんな事やこんな方法と提案してくるので、新しい情報やいろんな方法を試してみる時期だと思います。
月は14日に獅子座に月がはいって、16日には抜けます。
なので、ここさえ過ぎれば、忘れてしまうかもしれません。
ただ、土星と天王星の示すところは、それでおしまいではないのです。
このあたりでは、自己主張と批判、現状の改革というなかで、集団のためなら犠牲になります、とか、仲間にとってマズい事は隠し通します、という深刻な事にエネルギーが向かっていきそうなのは気になります。
これは7月30日に火星が乙女座に抜けるまで続きそうです。

12月24日

今年2021年、ジリジリ戦ってきた結果がここです、という結果がでてくるときです。
土星と天王星のスクエアはありますが、他の天体とはあまりからんでいません。
1月に比べたら、プレッシャーはないし、すでに来年をにらんでいます。
このあと29日に木星が魚座に移動します。
東京のホロスコープでは天王星は11ハウス。これからを考えたら、変えるべきは変えてきた1年です。一見、平等にみえて実はあまり平等ではなかった会社や所属する組織のルールを変えていくようです。
そこで思うようにならないときは、自分は自分のやり方を通すために組織を飛び出す方もおられると思います。

ここに書いた事は、全体の雰囲気です。「私はどうなの?」は、鑑定のご案内 からどうぞ。

チャートは、MyAstroChart さんで作りました。


このブログ記事がお役に立ちましたら、こちらからのプレゼントも嬉しいです。

*この記事を書いた人について
 辰巳(たつみ)
 聖地を巡礼する占い師。西洋占星術とタロットを使います。
 メール鑑定と対面セッション、電話での鑑定をしております。
 薬剤師。アロマ検定1級。
 日々の情報発信は、Twitterもフォローください。
 こちらです→ @divinus_jp https://twitter.com/divinus_jp
 このサイトでは、聖地と占いの記事を書いております。

*鑑定について
 メールと電話、対面鑑定を行っています。 鑑定については、こちらで。
 対面鑑定のスケジュールは、こちらで。
スポンサーリンク