メール鑑定

木星が魚座へ 2021年 5月

2020年12月木星が水瓶座にはいったのですが、あっという間に5月14日に魚座に移動します。

その後、木星は逆行し、7月28日には水瓶座に戻ります。
そして、本格的に魚座に移動するのは、12月29日です。

2020年の年末に水瓶座に入った木星は、指示系統で結ばれた上下関係ではなく、ある程度距離がありそして水平でフラットな関係をすすめました。
組織で独り占めしていた権力とお金は、ひろくうすく共有される方向に向かいます。
一方、牡牛座に天王星もあり新しいルールに反発したり、いままで持っていたものを手放す必要は感じない抵抗感もあります。
それに、新しい方向性といってもいままで価値のあったものの価値が下がるだけで、なくなってしまうわけではありません。

でも、一方で水瓶座の木星のすすめる平等とか、個性を重視するというその結果、人の温かさの感じより遠い距離感の人間関係になってしまって、孤独を感じることもあったかもしれません。
正しい判断かもしれないけれど、あまりにデータ重視だと、人間性やリアルさがなくなってしまうかもしれません。
それに、個人で判断するというのは、同調圧力のある日本、あるいは日本人にとってあまり得意ではないものです。

魚座に木星が入ると、人の気持ちにいかによりそうか、が大事になっていきます。

ボランティアだったり、誰のために動いていくことが多くなりそうです。
情報やネットでの活動も大事だけど、やっぱり気持ちを添えていきたいよね、という事になりそうです。

そうすると、誰かのためなら無償でいいのか、とか、新型コロナウィルス感染症に対する新しい生活様式の距離感はどうするの?というテーマもでてくるかもしれません。
人と人の距離をとることを「ソーシャルディスタンス」としていましたが、人と人のつながりは大事なので「フィジカルディスタンス」と言い方が変わってきました。

この記事がアップされたとき(2021年4月29日)ネットニュースでは東京オリンピックについて橋本会長「無観客の覚悟は持っている」IOCバッハ会長「日本国民のへこたれない精神を称賛。五輪も乗り越える」「東京五輪期間中に看護師500人確保要請」の見出しがあり、3度目の緊急事態宣言のなか感染者は増え続けていて、変異株も見つかっています。

こういったことについて魚座に木星が入ると、バラエティーを象徴する柔軟宮の魚座に拡大する木星が入るので、変異株の拡大という意味もありそうです。
そして、同時に「まあまあ、いいんじゃない?」「仕方ないよね」という方向になっていくかもしれません。

このとき、「情報を積み重ねた水瓶座の土星や、先々をみて現状を変えていく牡牛座の天王星」チームと「ウエがそういってるし前から決まっていた山羊座冥王星と空気がそうなってるからねという魚座海王星」チームに炎上させる火星が関わっていくことで動いていきそうです。

木星が水瓶座にあるときには、同じ水瓶座に土星もありました。
なので、ある一定のルールのもとで、新しい関係がすすめられてきたのですが、魚座に木星が移動するとこの「しばり」がなくなります。

がっぷり組み合って動きがとれなかったと思っていた方にとっては、圧力は少しなくなってくると思います。

魚座では木星が古典のルーラー。

そしてもとから魚座には現代のルーラーである海王星もあります。
ルーラーがふたつ集まってくるので、魚座最強です。

一方では、アレもコレも盛りこみすぎるので、混乱もしそうです。

この時、水瓶座には土星もあるので、データをあつめて検証することはできているのです。
ただ、このときは蟹座に火星があって「そんなの、かわいそう」「気持ちがわかっていない」と批判がありそうです。

誰かの気持ちに寄り添っていくのは大事なのですが、それだけにならないように。
そして、ご自身の気持ち、身体を緩めるのは大事です。

この魚座の木星は2021年の年末に魚座に移動し、来年2022年は魚座を運行します。
この2021年5月から7月までの魚座木星の期間におこることは、来年以降のリハーサル、お試し期間です。

ご自身のホロスコープを出せる方は、魚座がどこかを確認してみてください。
無料のホロスコープの出し方は、こちらで 記事を書いています。

もし、わからなければこちらで↓ お待ちしております。

ここに書いた事は、全体の雰囲気です。「私はどうなの?」は、鑑定のご案内 からどうぞ。


このブログ記事がお役に立ちましたら、こちらからのプレゼントも嬉しいです。

*この記事を書いた人について
 辰巳(たつみ)
 聖地を巡礼する占い師。西洋占星術とタロットを使います。
 メール鑑定と対面セッション、電話での鑑定をしております。
 薬剤師。アロマ検定1級。
 日々の情報発信は、Twitterもフォローください。
 こちらです→ @divinus_jp https://twitter.com/divinus_jp
 このサイトでは、聖地と占いの記事を書いております。

*鑑定について
 メールと電話、対面鑑定を行っています。 鑑定については、こちらで。
 対面鑑定のスケジュールは、こちらで。
スポンサーリンク