メール鑑定

水瓶座での土星逆行 2021年

水瓶座にある土星が逆行をします。

5月23日から10月11日。
遠くの天体なので、1週間くらい前から動きをとめるので、前後を含め5月17日あたりから10月18日あたりまで影響があります。

今回は水瓶座のなかでの逆行。
土星は2020年年末に水瓶座に移動しました。
この土星は、水瓶座の「将来も続くもの」「個人としての能力」「データを重視して理論で考える」を尊重していました。

牡牛座に天王星があるので、いま上がっている利益ではなく数年後にも続いて利益があるかどうか、とか、個人の才能が全体のためになることも水瓶座の土星の価値とするものです。
また、人間関係も新型コロナウィルス感染症のフィジカルディスタンスに象徴されるように「ほどよい距離感」が求められました。

その土星が逆行することで、その水瓶座の土星が示すゴールや理想が、あまりに先走っていないかをチェックします。
逆行しているとはいえ水瓶座から土星がいなくなるわけじゃないので、水瓶座の象徴を否定するわけではなく、水瓶座のなかでの「見直し」なのです。

将来も継続することが大事だといっても、今日、食べていけなのは無理だよね。
個人の能力が大事だといっても、そこにばかり頼ってはいけないよね。
データを重視してといっても、感情を無視してはいけないし。
ほどよい距離感といっても、孤立してはダメだよね。
という見直しです。

逆行といっても、昔の価値を復活させようとするわけじゃありません。
旧勢力のもつ権力やパワーがまだ、残っていて、本格的に社会が変るのは、2023年の水瓶座への冥王星入りでしょう。
今回は、水瓶座の長期計画を、現実的に達成できるように修正しようか、というところです。

このあと水星が双子座で逆行を開始し、木星も魚座で逆行を開始します。
10月上旬の逆行終了あたりで大枠が見えてきます。

ここに書いた事は、全体の雰囲気です。「私はどうなの?」は、鑑定のご案内 からどうぞ。


このブログ記事がお役に立ちましたら、こちらからのプレゼントも嬉しいです。

*この記事を書いた人について
 辰巳(たつみ)
 聖地を巡礼する占い師。西洋占星術とタロットを使います。
 メール鑑定と対面セッション、電話での鑑定をしております。
 薬剤師。アロマ検定1級。
 日々の情報発信は、Twitterもフォローください。
 こちらです→ @divinus_jp https://twitter.com/divinus_jp
 このサイトでは、聖地と占いの記事を書いております。

*鑑定について
 メールと電話、対面鑑定を行っています。 鑑定については、こちらで。
 対面鑑定のスケジュールは、こちらで。
スポンサーリンク