メール鑑定

水星、木星、土星と月が並びます 2021年3月

年始めからの水瓶座ステリウムがゆるんできたのですが、それを冷静にうけとめることができてくる時期です。
(でも、火星が双子座に入って、騒々しくはなっていますけど)

そもそも、これが正しいとか、理論、理想、データで切り分けて、あたらしいあり方を目指してきたのですが、人の気持ちがどこかで置いてけぼりになってきたこともあります。
太陽と金星が魚座にはいって、ここまででみえてきた方向であっても、みんなが傷つかないような方向で、と探っていくときです。

実際にも南東の朝の空に4つの天体が集まる。水星、木星、土星はほぼ一直線に並び、その近くには細い月も見えます。
水星と木星の最接近は3月5日。月と土星は3月10日に並びます。
朝、早起きすると、南東にひらけた場所でみることができます。

2021年3月上旬 水星と木星が大接近 – アストロアーツのサイトから。

月と土星の接近については、月が土星と並ぶ 2021年3月10日 つるちゃんのプラネタリウム から。

このあと月は13日に魚座の新月に向かいます。
明け方の希望の空に明るい惑星が並びます。
明けない夜はない、というのは手垢のついた言葉だけれど、今こそ、そう思います。


このブログ記事がお役に立ちましたら、こちらからのプレゼントも嬉しいです。

*この記事を書いた人について
 辰巳(たつみ)
 聖地を巡礼する占い師。西洋占星術とタロットを使います。
 メール鑑定と対面セッション、電話での鑑定をしております。
 薬剤師。アロマ検定1級。
 日々の情報発信は、Twitterもフォローください。
 こちらです→ @divinus_jp https://twitter.com/divinus_jp
 このサイトでは、聖地と占いの記事を書いております。

*鑑定について
 メールと電話、対面鑑定を行っています。 鑑定については、こちらで。
 対面鑑定のスケジュールは、こちらで。
スポンサーリンク