メール鑑定

火星 金星が獅子座に入ります 2021年 6月

6月11日火星が獅子座にはいります。
また6月27日には金星が獅子座に入ります。

今年はもともと水瓶座に土星があって、牡牛座に天王星があります。
この水瓶座、牡牛座、獅子座の組合わせができるの時期は、どちらか一方を動かそうとするとこちらができなくなるようなプレッシャーのある時です。
ただ、お互いに支配天体を交換している配置なので、話がまったく通じないこともないのです。

7月4日 火星と天王星のスクエア

このあたり、厳しい時期。
むしろ、将来を見越してここをちょっと変えておきたいとか、いつまでも続くことができるように何かを始めてみるのはよい時期です。
ただ、このプレッシャーに耐えられないという方がいて当然だと思いますし、みんながみんな何かを始めるといいよ、という時ではないのです。
そして、蠍座の方向から「いままでやってきた私たちの気持ちは、どうしてくれるの?」という無視できない訴えもやってきます。

牡牛座の天王星はいままでなかったあり方やを提案してきますし、
水瓶座の土星は、これをいままでのやり方に盛りこんで、あるいは検証しながらすすめます。
一方で、自分らしさを主張している獅子座の火星、金星は、今の自分のありかたを少し変えて、これから先も継続する必要があるとわかっています。

やりたい事を少しずつ、未来へすすめるとき。
あるいは、もうそろそろ変えなきゃねと思っていたことを、ちょっとずつ動かさないといけないとアセってくるときです。

この自己主張が「オレが、オレが」という主張がわがままだと見られたり、それが周囲の誰かにとって飲み込めてもらえない事かもしれないという可能性もあります。
でも、以前からのつながりや信頼のないところで、これをやろうとするのは、かなり無理な話です。

なのでこのあたり、どこに太陽、月などの天体があるかによって、その天体がどんなアスペクトがあるかというお誕生日のホロスコープ(ネイタルチャート)によってかなり違うと思います。

ここで宣伝をいれてしまうと、アストロメールではそこを書いてお送りしています。→ 【満席御礼:ご案内】辰巳からのアストロメール 2021年7月

このあと金星が7月22日に乙女座に入ります。
そのかわりに太陽が7月23日に獅子座に入り、7月28日に木星が水瓶座に戻ってきます。
8月7日に太陽と天王星がスクエアとなります。翌日の8月8日は獅子座で新月。

8月7日 太陽と天王星のスクエア

今回の緊張感のある配置のピークです。
「死ぬくらいならイヤだ」とか「死ぬ前には一度、やっておきたい」というくらいのハラを決めて、1ミリでも動かしてみる強さと厳しさがありますが、社会的を変えていくような動きもありそうです。

またこの間に月が不動宮(牡牛座・獅子座・蠍座・水瓶座)に入ると、キツいと感じることもあると思います。
毎日の月の位置は、このサイトの「今日のカード」かツイッターでお知らせしています。

ここに書いた事は、全体の雰囲気です。「私はどうなの?」は、鑑定のご案内 からどうぞ。

チャートは、MyAstroChart さんで作りました。


このブログ記事がお役に立ちましたら、こちらからのプレゼントも嬉しいです。

*この記事を書いた人について
 辰巳(たつみ)
 聖地を巡礼する占い師。西洋占星術とタロットを使います。
 メール鑑定と対面セッション、電話での鑑定をしております。
 薬剤師。アロマ検定1級。
 日々の情報発信は、Twitterもフォローください。
 こちらです→ @divinus_jp https://twitter.com/divinus_jp
 このサイトでは、聖地と占いの記事を書いております。

*鑑定について
 メールと電話、対面鑑定を行っています。 鑑定については、こちらで。
 対面鑑定のスケジュールは、こちらで。
スポンサーリンク