メール鑑定

火星が蟹座へ 2021年

ツイッターには流したのですが、ブログを読んでいる方は別なのでこちらにも書きます。

火星が蟹座へ入りました。4月23日から6月11日までです。
今は牡牛座に天体がたくさんある状況です。
ぴったりの配置ではないのですが、これらの牡牛座の天体と蟹座の火星はセクスタイルの配置になります。
一般的には調和的な配置なのですが、この火星は5月下旬まで、OOBというとても遠くを運行していきます。
また、この間金星と海王星もセクスタイルの配置。こちらはぴったりのセクスタイルの配置になるのは5月3日。
水星が牡牛座を抜けるのが、5月4日です。

4月25日から東京、大阪、兵庫、京都の4都府県を対象にした3回目の緊急事態宣言となりました。
期間は5月11日まで。
「まん延防止等重点措置」の対象地域も拡大しています。

なので、この蟹座の火星は、毎日の生活のためにみんなでガンバろうという感じがします。
でも一方で、火星の「守りたい」強い気持ちが、
「あなたは気をつかっていない」「仲間の気持ちがわかっていない」となってしまう可能性もあります。

そして、海王星と金星の調和的な配置では、見えないところで楽しめばいいんじゃない?
というところもあるかもしれません。

なのでざっくりいうと、連休中はちょっと注意です。

「路上で飲めばいい」とか「会食の偽装工作に熱心です」とか、「飲食店への見回り隊倍増」となってしまいそうなのは、気になります。
楽しければいいであったり、仲閒に対する過剰な反応にならないように。

本来、毎日、続く生活を安心なものにしていく蟹座の火星なので「おウチで料理に熱心です」とか「ネットの配信が楽しい」という方向に使っていけますように。

ここに書いた事は、全体の雰囲気です。「私はどうなの?」は、鑑定のご案内 からどうぞ。


このブログ記事がお役に立ちましたら、こちらからのプレゼントも嬉しいです。

*この記事を書いた人について
 辰巳(たつみ)
 聖地を巡礼する占い師。西洋占星術とタロットを使います。
 メール鑑定と対面セッション、電話での鑑定をしております。
 薬剤師。アロマ検定1級。
 日々の情報発信は、Twitterもフォローください。
 こちらです→ @divinus_jp https://twitter.com/divinus_jp
 このサイトでは、聖地と占いの記事を書いております。

*鑑定について
 メールと電話、対面鑑定を行っています。 鑑定については、こちらで。
 対面鑑定のスケジュールは、こちらで。
スポンサーリンク