メール鑑定

魚座 満月 2021年

魚座で満月があります。9月21日東京でのチャートです。

満月のホロスコープは、新月で始まった事の成果や結果が表れる時として、どのように現実化されたかを読みます。

中秋の名月です。
今年は中秋の名月が満月です。
中秋の名月は旧歴の8月15日の月なので必ず満月という事ではありません。

国立天文台 2021年9月中秋の名月

太陽は、11ハウス乙女座。月は、5ハウス魚座。
みんなの気持ちをあわせて、将来、役に立てる何かをうみだしていく。
未来、誰かのためになるなら、あっさり自分の欲を手放していくこともありそう。
全体や未来に奉仕する、みんなのために動いていく方もいらっしゃると思います。
日常生活の新しい未来が見えていて、変わっていくこともありそう。

アセンダントは蠍座で金星がのっています。
向かい側に天王星があります。
周囲の環境の変化や相手、パートナーの状況がかわることで自分自身もかわっていくところ。
そして、世界とかイメージしにくい誰かではなく、特定の相手やテーマに自分を埋没されることもあるでしょう。

天頂MCを含むと不動宮の強い配置でもあり、あちらを優先するとこちらから不満がでるような動きのとれなさがあります。
ただ、以前と比べて、あちらこちらと話し合って、実際にどこが落としどころかをさぐっていくので、現実にやることは見えてきやすいと思います。
12ハウスに水星があるので、水面下での全体を調整していることもあると思います。

さらにこのホロスコープは東京でたてているので、天底ICは土星と木星の真ん中にあります。
木星が水瓶座に戻ってから、2020年年末に起こったグレートコンジャンクションの「復習」の時期でもあるのですが、ここにアンカー、いかりをおろすように自分の基準点を見つけるかたも、いらっしゃると思います。

ただ、この満月の時は木星、土星とも逆行しています。このあと9月27日からは水星が逆行します。この水星の逆行については、こちらの記事で → https://divinus-jp.com/archives/54361
この水星逆行も全体を見越した調整期間となりそう。
そもそもこの契約ってナンの意味があったのか?とか、この人間関係ってこれからずっと続くものなのかな?という、大枠の見直しです。
なので、落ち着くのは来月くらいになりそう。

短期的な利益ではなく、一時的な利益や我欲を手放すことが必要です。
これから始まるローカル性をこえた水瓶座的な風の時代。
ユニバーサルな視点をもつことを意識して、調整して行く時期です。

ここに書いた事は、全体の雰囲気です。「私はどうなの?」は、鑑定のご案内 からどうぞ。

チャートは、MyAstroChart さんで作りました。


このブログ記事がお役に立ちましたら、こちらからのプレゼントも嬉しいです。

*この記事を書いた人について
 辰巳(たつみ)
 聖地を巡礼する占い師。西洋占星術とタロットを使います。
 メール鑑定と対面セッション、電話での鑑定をしております。
 薬剤師。アロマ検定1級。
 日々の情報発信は、Twitterもフォローください。
 こちらです→ @divinus_jp https://twitter.com/divinus_jp
 このサイトでは、聖地と占いの記事を書いております。

*鑑定について
 メールと電話、対面鑑定を行っています。 鑑定については、こちらで。
 対面鑑定のスケジュールは、こちらで。
スポンサーリンク