メール鑑定

牡牛座 満月 月食 2021年

11月19日 蠍座で満月があります。

この満月は月食です。
北海道や東北地方北部以外の場所では、月が欠けた状態で空に昇ってくる月出帯食(げつしゅつたいしょく)となります。
この月食は部分月食ですが、皆既月食にとても近いところまで月が欠けていく月食です。
かぎりなく皆既月食にちかい、部分月食。


国立天文台から

食の影響は、早い人で1週間くらい前からあります。また、月が見えなくても、影響がないとはいえません。
月が見えなくても、です。こちらの記事で。

日食は社会的な変化、個人では公的、仕事の変化を象徴しますが、月食では肉体や気持ちが一瞬、欠けていくので生活を失うのではないかという不安と、自分の気持ちの不安定な感じをもちます。
また、太陽と月の間に地球が入りこむことから、月を経て太陽や宇宙につながる経路が断たれることになることになり、地球での物質化、現実化に焦点があたります。

11月19日東京でのチャートです。

太陽は、6ハウス蠍座。月は、12ハウス牡牛座。

上に月食については現実がなくなってしまう不安感について書いたのですが、この月食は牡牛座で、しかも、すでに欠けた状態で月があがってくる月出帯食です。

なので、「持っていないもの」「最初から欲しかったけど、手に入れられないもの」「持ってると思ったけど、持っていなかったもの」という「持っている・持ってない」というテーマがとても大きくなると思います。

この満月が新月だった時のテーマのひとつに「手に入れる」とか「所有する」という事がありました。
その結果として、この月食を伴う満月では「持っていない」「持つべきだ」ということが見えてくるので、なかなかつらいところです。

また、6ハウス-12ハウスというところなので、身体と心の健康について大きく影響がありそうです。
まずは、無理をしないこと。
それから、なにか予定があるなら、事前にプランBというか、ダメだったときはこうしよう、とプランをたてておくと良いと思います。

天頂近くの水瓶座木星とTスクエアという配置なので、目指す理想に足りない自分が見えてきてしまいますし、集団の信頼を得るために自分の気持ちを差し出す必要があったりするので、なかなかプレッシャーが大きいと思います。

アセンダントは双子座。
支配天体の水星は蠍座の太陽の近くにあって6ハウス。
恩があるから、とか、見返りがあるからという気持ちもありそうですし、組織のなかの根回しも必要かもしれません。

それは、理想や理論とはまったく別の方向だということもわかっているし、そして、新月のときから引き続き、獅子座の部分がかけたTスクエアなので、自分らしく生きていないのではないか、なんのために生きているのか、という思いも起きてきそうです。

ここもつらいところ。

でも、ここが隠されたホントのテーマ。
自分らしく生きていくために、ホントにソレ、持っているべきなの?
ホントに、ソレ、必要なの?
みんなが持っているからといって、あなたらしくあるためにホントに、欲しいものなの?

厳しいけれど、ここに答えがありそう。

2021年11月から新月と満月はそれぞれのサインの12度(かぞえ13度)と27度(かぞえ28度)で起こります。こちらの記事で → https://divinus-jp.com/archives/57226
そこで起こる食は、太陽系の外からのエネルギーを引き込んでくるのでパワーも大きいものだと思います。

この満月が欠けていく先にある新月は日食になります。
変化というか、プレッシャーの強い時期ですが、水瓶座に木星、土星があるという貴重な時間は今年の年末まで。
できる範囲で、数年、十数年先までのスタンダートが決まっていくときです。

対面鑑定は、戸越銀座の占いエレナと、原宿の塔里木(タリム)にて、お受けいたします。
戸越銀座の占いエレナと原宿の塔里木での出演予定は、こちらの記事でご案内しております。
メールでご相談内容をうかがって、鑑定結果をメールでお送りするメール鑑定メニューは、2種類。「占星術+カード鑑定」と「タロット鑑定」
メール鑑定は、こちらからお申し込みください
オンラインでのZoom鑑定電話での鑑定もお待ちしております。
ここに書いた事は、全体の雰囲気です。「私はどうなの?」も、こちらからどうぞ。

チャートは、MyAstroChart さんで作りました。


このブログ記事がお役に立ちましたら、こちらからのプレゼントも嬉しいです。

*この記事を書いた人について
 辰巳(たつみ)
 聖地を巡礼する占い師。西洋占星術とタロットを使います。
 メール鑑定と対面セッション、電話での鑑定をしております。
 薬剤師。アロマ検定1級。
 日々の情報発信は、Twitterもフォローください。
 こちらです→ @divinus_jp https://twitter.com/divinus_jp
 このサイトでは、聖地と占いの記事を書いております。

*鑑定について
 メールと電話、対面鑑定を行っています。 鑑定については、こちらで。
 対面鑑定のスケジュールは、こちらで。
スポンサーリンク