メール鑑定

獅子座 満月 2022年

獅子座で満月があります。2月17日東京でのチャートです。

満月のホロスコープは、新月で始まった事の成果や結果が表れる時として、どのように現実化されたかを読みます。

太陽は、3ハウス水瓶座。月は、9ハウス獅子座。ドラゴンヘッドとスクエアとなっています。
理想を求める熱意やグローバルな考えが、いままでになかった事をやってみる原動力となりそう。
サイン違いですが同じ3ハウスに木星もあります。
論理としてはこうだから、やってみよう。というところです。
ただ、具体的にやってみる天体はこの満月に、直接かかわっていないので、「結果はともかく」やってみよう、になるかもしれません。

牡牛座に移動しているノード軸について読むと、その成果についてはいずれでてくるようですが、すぐわかるものではないようです。

この翌日18日には、木星と天王星がセクスタイル。
みんなの気持ちを意識したり、誰かのために何かをしたい思うと、いままでやってきたことでも取捨選択がしやすいようですし、ここは変えなきゃね、という部分がわかってきます。

昨年のように「変えなきゃいけない」「でもできない」というプレッシャーはかなりなくなっています。
月もここから欠けていく時期でもあり、自然と変化や断捨離ができていく時です。

さらに19日には太陽が魚座にはいると、今年前半のテーマのひとつである魚座の木星のテーマについて、社会の関心が集まってきます。
この太陽は3月3日の魚座の新月を経て、3月13日に太陽と海王星が重なります。

水瓶座の新月でみえてきた「これから」を実際に試してみる。
そして、いらないものは捨てようね、という満月です。

対面鑑定は、戸越銀座の占いエレナと、原宿の塔里木(タリム)にて、お受けいたします。
戸越銀座の占いエレナと原宿の塔里木での出演予定は、こちらの記事でご案内しております。
メールでご相談内容をうかがって、鑑定結果をメールでお送りするメール鑑定メニューは、2種類。「占星術+カード鑑定」と「タロット鑑定」
メール鑑定は、こちらからお申し込みください
オンラインでのZoom鑑定電話での鑑定もお待ちしております。
ここに書いた事は、全体の雰囲気です。「私はどうなの?」も、こちらからどうぞ。

チャートは、MyAstroChart さんで作りました。


このブログ記事がお役に立ちましたら、こちらからのプレゼントも嬉しいです。

*この記事を書いた人について
 辰巳(たつみ)
 聖地を巡礼する占い師。西洋占星術とタロットを使います。
 メール鑑定と対面セッション、電話での鑑定をしております。
 薬剤師。アロマ検定1級。
 日々の情報発信は、Twitterもフォローください。
 こちらです→ @divinus_jp https://twitter.com/divinus_jp
 このサイトでは、聖地と占いの記事を書いております。

*鑑定について
 メールと電話、対面鑑定を行っています。 鑑定については、こちらで。
 対面鑑定のスケジュールは、こちらで。
スポンサーリンク