メール鑑定

水瓶座の火星 2022年

3月6日 火星が水瓶座に移動しました。4月15日に魚座に移動するまで水瓶座にいます。
また、同じ6日に、山羊座に長期滞在していた金星も水瓶座に移動して、水瓶座の火星と重なります。

3月6日 東京でのホロスコープです。

一挙に、山羊座から水瓶座祭りにモードが変っていきます。
山羊座に火星があったときは、いまここで実績があがることが大事でした。
また、一時的に「今までのやり方」という過去の繰り返しや「ウエがそう言ってる」というローカルな規則を前提としていました。
ここからは「これからのやり方」「世界ではこうなっている」「未来を考えたらこっち」の方向に変っていきます。

社会的な立場やインフラの平等性の、基本的な人権などについて、特にお金や身体のことをきっかけとして議論がおきそうです。
(同じ仕事をしているのにもらっているお金が違う、とか、生まれた性別よって受験の結果が違うという事が過去にもありました)

この火星と金星は、水瓶座の最初に重なったあと、それぞれこのあと土星に向かいます。
金星が土星と重なるのは、3月29日。
火星が土星と重なるのは、4月5日です。

理想はこうだよね。これからの関係ってこうだよね。とイメージを持っているのですが、
「ソレって、現実化できるわけ?」という問いを突きつけられるのです。
そこをクリアしてこその、本当の平等や自由、博愛(ん?どこかで聞いたような 笑)なのです。


この水瓶座の最初の度数というのは、2020年の年末にグレートコンジャンクションが起こったところです。
グレートコンジャンクションは、土星と木星が重なることです。
(グレートコンジャンクションって、ナンだっけ、の方はこちらもどうぞ → https://divinus-jp.com/archives/28581

このグレートコンジャンクションは約20年に1度起こるのですが、木星も土星も個人では感じにくいこともあるかもしれません。
社会的な風の時代は、冥王星が水瓶座に入る2023年以降に本格的になると思うのですが、この火星、金星は個人で感じやすい天体なので、この3月上旬のあたりから「これから、ってこう動いていくのね」と実感することもあるかもしれません。


また、「火星、金星が重なるって恋愛にどう?どう?」と思うのですが、前の魚座の新月の時に書いたように、水瓶座の恋愛だと重なったとしても「じゃあ、お友達からね」という距離感になってしまいそう、ということになりそうです。

むしろ、恋愛的には山羊座に火星、金星がある時に動きはありそうです。詳しくは、魚座の新月についての記事で →  https://divinus-jp.com/archives/57527


一方、いまは牡牛座に天王星があります。
金星は牡牛座の支配天体であり、天王星は水瓶座の支配天体で、3月19日の金星と天王星のスクエアでは、それぞれ場所を交換している配置です。なので、そう「悪く」動かないとは思います。

ただ、3月23日に水瓶座の火星と牡牛座の天王星がスクエアとなるのは、ちょっと突発的な事件、トラブル。
特にシステム障害、お金や経済に関することは慎重にしたい時期
です。

この時期、魚座に木星、太陽、海王星があつまっており、これを含めてみると、
これからの美を象徴するような女性が注目を集めたり、流行(バズった)したりするかもしれません。
そんな人物を象徴として、これからを議論したり、流行することもありそうです。
「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)」は、水瓶座土星の象徴ですが、それってちゃんとできるの?も話題になると思います。

この議論や流行は金星が土星と重なる3月末、また、火星が土星と重なる4月上旬には、一応の結論がでたり、落ち着くように読めます。

対面鑑定は、戸越銀座の占いエレナと、原宿の塔里木(タリム)にて、お受けいたします。
戸越銀座の占いエレナと原宿の塔里木での出演予定は、こちらの記事でご案内しております。
メールでご相談内容をうかがって、鑑定結果をメールでお送りするメール鑑定メニューは、2種類。「占星術+カード鑑定」と「タロット鑑定」
メール鑑定は、こちらからお申し込みください
オンラインでのZoom鑑定電話での鑑定もお待ちしております。
ここに書いた事は、全体の雰囲気です。「私はどうなの?」も、こちらからどうぞ。


このブログ記事がお役に立ちましたら、こちらからのプレゼントも嬉しいです。

*この記事を書いた人について
 辰巳(たつみ)
 聖地を巡礼する占い師。西洋占星術とタロットを使います。
 メール鑑定と対面セッション、電話での鑑定をしております。
 薬剤師。アロマ検定1級。
 日々の情報発信は、Twitterもフォローください。
 こちらです→ @divinus_jp https://twitter.com/divinus_jp
 このサイトでは、聖地と占いの記事を書いております。

*鑑定について
 メールと電話、対面鑑定を行っています。 鑑定については、こちらで。
 対面鑑定のスケジュールは、こちらで。
スポンサーリンク