メール鑑定

射手座 満月 ストロベリームーン 2022年

射手座で満月があります。6月14日東京でのチャートです。

6月の満月はストロベリームーンと呼ばれるそうです。かわいいね。

満月のホロスコープは、新月で始まった事の成果や結果が表れる時として、どのように現実化されたかを読みます。

太陽は6ハウス手前の双子座。月は12ハウス手前の射手座。
2ハウス魚座海王星を含むTスクエアの配置。

見えないものに対して価値を感じたり、感度が鋭くなっていくときで、それを含めて、どうにかアウトプットしようとしてしまうので不安定になりがち。
特に将来に対する計画が、迷走しがち。

具体的な場としては、それが恋愛においてだとしたら、パートナーに対する幻想やウソは、それが幸せかどうかはともかく、飲み込んでいく。
あるいは、職場でその場にいない人に対しても、気をつかっていくので、業務が増えていってしまう。

と読めます。

太陽と土星がトラインであるので、方向性としてはあっているのですが、乙女座の部分が欠けているので、具体性に欠けています。
どうしたらいいか、具体的にできずに、でも、その場の雰囲気を読み過ぎてしまったり、気をつかいすぎてピリピリしそうです。

この混乱を収めるには、水瓶座の土星がもっています。
つまり、みんなの共通するルールはすでにあるはずですし、将来も継続できることに対して、責任をもってできることだけにすることだと思います。

アレもコレもと盛りこむではなく、現実にできること、わかりやすいことにフォーカスすることです。
ただ、この土星が逆行しているので、時間もかかるかもしれませんが、この日に水星は双子座に入り、金星、火星も自分の支配するサインにあります。
モノゴトの方向性としては「素直」に、わかりやすく進むと思います。

またドラゴンヘッドに金星が重なっていて、水瓶座の土星とスクエア。
何かをリアルに楽しむことが、この新型コロナウィルス感染症以降、できなくなっていますが、ここではむしろ、そういったリアルイベントに関心が集まっています。
しかし、一方で、水瓶座の土星からは、
それってホントにデータの裏付けがあって大丈夫なことなのか?
あるいは、リアルじゃなくてもできることはあるのではないか?
と問いかけているようです。

とにかく新しい事に前のめりだった新月が、見えないものに対しても気をつかいすぎの満月に至りました。
これから、活動宮に天体が多く入りバタバタしはじめていきます。

方向性はあっているので、自信をもってまいりましょう。

対面鑑定は、原宿の塔里木(タリム)にて、お受けいたします。
原宿の塔里木での出演予定は、こちらの記事でご案内しております。
メールでご相談内容をうかがって、鑑定結果をメールでお送りするメール鑑定メニューは、2種類。「占星術+カード鑑定」と「タロット鑑定」
メール鑑定は、こちらからお申し込みください
オンラインでのZoom鑑定電話での鑑定もお待ちしております。
ここに書いた事は、全体の雰囲気です。「私はどうなの?」も、こちらからどうぞ。

チャートは、MyAstroChart さんで作りました。


このブログ記事がお役に立ちましたら、こちらからのプレゼントも嬉しいです。

*この記事を書いた人について
 辰巳(たつみ)
 聖地を巡礼する占い師。西洋占星術とタロットを使います。
 メール鑑定と対面セッション、電話での鑑定をしております。
 薬剤師。アロマ検定1級。
 日々の情報発信は、Twitterもフォローください。
 こちらです→ @divinus_jp https://twitter.com/divinus_jp
 このサイトでは、聖地と占いの記事を書いております。

*鑑定について
 メールと電話、対面鑑定を行っています。 鑑定については、こちらで。
 対面鑑定のスケジュールは、こちらで。
スポンサーリンク