メール鑑定

火星 海王星が重なります 2022年

5月18日 火星と海王星が魚座で重なります。
火星は集中、海王星は見えないものなので、見えないものに対して集中してとりくみますという配置です。
海王星は意識しずらいので、無意識のうちにインスピレーションに突き動かされたり、
いつの間にかイメージだけで実体のないものを炎上させたりします。

ちょっと危なっかしいところのある時期なので、この時期は根拠のないデマやサイキックなパワーに動かされてしまいがちです。

また、この火星と海王星のコンジャンクションは、4月12日に木星と海王星が重なった時期のことを、実際の現実に引き下ろしていくきっかけになりそうです。

4月中旬に広がっていた見えないものや流行、ムード、誰かための犠牲的な気持ちが、行動となって現実に起こってくる、あるいは起こっていたとわかってくる時期です。

2022年4月の出来事「北海道・知床での観光船事故、20年ぶりの円安、プロ野球・ロッテの佐々木朗希投手が史上最年少で完全試合達成」
→ 2022年4月 日本の出来事 https://www.nippon.com/ja/news/q202204/#.Ynmh9rOGgyU.twitter

個人の事はそれぞれのホロスコープによると思いますが、社会的には景気の指標が生活に実感できたり、円安が家計に影響してくるようになってくる、という事もありそうです。


5月18日 東京でのホロスコープです。

自分の安心できる居場所にこだわっていくので、自分でできることについてその場の空気を読んだうえで、パートナーの気持ちに集中していく配置。
社会として読むと、4ハウスという国土に冥王星があることや、6ハウスの防衛、公衆衛生の場所に火星、海王星があるのがやや気になる配置です。
リーダーの関心事の海外投資は成功しているのですが、国民の感情はかなり抑圧されていそうです。


ロシアの侵略のあったウクライナでも同じホロスコープを立ててみました。

ちょうどディセンダント上に冥王星がのっています。
冥王星は核兵器であり、7ハウスは相手国。
また9ハウスの火星、海王星は夢や理想。
それを、相手国と共有することで、共存していくようです。それが真実かどうかは、かなりアヤしいのです。
でも、少なくとも調和的な配置なので、それが悲劇的なことにはなっていないように読めます。


この火星と海王星のコンジャンクションは、5月16日の満月の影響下(こちらの記事で → https://divinus-jp.com/archives/59191 )
あるいは、5月11日からの水星逆行(こちらの記事で →  https://divinus-jp.com/archives/59187 )の間に起こりますので、あわせてそちらもご覧ください。

対面鑑定は、原宿の塔里木(タリム)にて、お受けいたします。
原宿の塔里木での出演予定は、こちらの記事でご案内しております。
メールでご相談内容をうかがって、鑑定結果をメールでお送りするメール鑑定メニューは、2種類。「占星術+カード鑑定」と「タロット鑑定」
メール鑑定は、こちらからお申し込みください
オンラインでのZoom鑑定電話での鑑定もお待ちしております。
ここに書いた事は、全体の雰囲気です。「私はどうなの?」も、こちらからどうぞ。

このブログ記事がお役に立ちましたら、こちらからのプレゼントも嬉しいです。

*この記事を書いた人について
 辰巳(たつみ)
 聖地を巡礼する占い師。西洋占星術とタロットを使います。
 メール鑑定と対面セッション、電話での鑑定をしております。
 薬剤師。アロマ検定1級。
 日々の情報発信は、Twitterもフォローください。
 こちらです→ @divinus_jp https://twitter.com/divinus_jp
 このサイトでは、聖地と占いの記事を書いております。

*鑑定について
 メールと電話、対面鑑定を行っています。 鑑定については、こちらで。
 対面鑑定のスケジュールは、こちらで。
スポンサーリンク