メール鑑定

牡牛座に火星が入ります 2022年

7月5日火星が牡牛座に入ります。火星は8月20日に双子座に移動するまで牡牛座に滞在します。
火星は前進する星、戦ったり、意欲を押し出していくのですが、それが五感とモノ、所有というサインの牡牛座にはいると、持ち物にこだわったり、欲しいと思う気持ちが強くなります。

その牡牛座に滞在する間の、特に8月上旬から中旬にかけて他の天体とアスペクト(組合わせ)をとっていきます。
8月2日天王星とコンジャンクション。8月8日に土星とスクエア。8月15日冥王星とトラインとなります。

「なんでも新しいことがいい」とか、「とにかく前へ」という事ではなく、止まりつつなじませつつ、という事です。
しかし、最終的なことを言うと、冥王星が山羊座にあるうちは、牡牛座に火星があるこの時期は、モノゴトが現実化しやすい時期です。
冥王星は来年、水瓶座に移動します。その後、再度、山羊座に戻ってきますが、時期としては貴重なので現実としたい事はやっておきましょう。

時間はかかるかもしれませんが、自分のモノにしたいこと、獲得したい何かがあるなら粘り強く取り組む価値のある時期です。

もちろん、その方の出生図(ネイタルホロスコープ)によります。
不動宮(牡牛座・獅子座・蠍座・水瓶座)に天体が多いかたは、この時期、動きにくいと思いますし、
ご自身のホロスコープの配置によっては、この牡牛座の火星がアスペクトを組むと、むしろ「お休み」の時期の方もおられます。

詳しくは、↓までご相談ください。

対面鑑定は、原宿の塔里木(タリム)にて、お受けいたします。
原宿の塔里木での出演予定は、こちらの記事でご案内しております。
メールでご相談内容をうかがって、鑑定結果をメールでお送りするメール鑑定メニューは、2種類。「占星術+カード鑑定」と「タロット鑑定」
メール鑑定は、こちらからお申し込みください
オンラインでのZoom鑑定電話での鑑定もお待ちしております。
ここに書いた事は、全体の雰囲気です。「私はどうなの?」も、こちらからどうぞ。


このブログ記事がお役に立ちましたら、こちらからのプレゼントも嬉しいです。

*この記事を書いた人について
 辰巳(たつみ)
 聖地を巡礼する占い師。西洋占星術とタロットを使います。
 メール鑑定と対面セッション、電話での鑑定をしております。
 薬剤師。アロマ検定1級。
 日々の情報発信は、Twitterもフォローください。
 こちらです→ @divinus_jp https://twitter.com/divinus_jp
 このサイトでは、聖地と占いの記事を書いております。

*鑑定について
 メールと電話、対面鑑定を行っています。 鑑定については、こちらで。
 対面鑑定のスケジュールは、こちらで。
スポンサーリンク