メール鑑定

玉川神社 (等々力) 境内社

おとなりには、三社おられるようです。
(立札がないので、たぶん)
明治になって合祀された神明社、御嶽社、諏訪社。
それまでは、元熊野神社と称されていたそうですが、
この合祀をきっかけに、玉川神社と称されるようになったそうです。
その右はえびす神とあります。大国主さんでしょうか。
この方々は、ちょっとわかりませんでした。
DSC00651

「元」なんてつくと、じゃあ、元のない熊野神社は?とも思います。
また、ご祭神については、イザナミ、イザナギ、
アマテラスオオミカミとありましたが
他のところでは、事解男命(コトサカノヲミコト)ともありました。

コトの経緯は、わからないけど、とてもパワーがあるところです。
お守りしている方の思いも感じますが、
近くの等々力渓谷にも横穴式古墳もあって
古くから人が住んでいた場所だったんだと思います。
今、すぐにはわかりませんが、とても大切な場所です。

こちらはお稲荷さん。お稲荷さんらしい。
DSC00652

隣りは三峰社。関東のこのあたりは、三峰神社は多いです。
お犬様のお札をもらう習慣がありましたし。
DSC00653

入口のクスノキ。なんかグラマー。
DSC00658

これじゃあ、なんだかわからないですね。
実際に行ってみてください(笑)

境内から、入口の鳥居方向を見ます。
この風で、ソメイヨシノは散っていっています。
この鳥居は、祖霊社の碑の入口に建っています。
チラチラと、ナニモノかが舞っています。
DSC00661

春が、いきます。

玉川神社 東京都神社庁のページ


*この記事を書いた人について
 辰巳(たつみ)
 聖地を巡礼する占い師。西洋占星術とタロットを使います。
 メール鑑定と対面セッション、電話での鑑定をしております。
 薬剤師。アロマ検定1級。
 日々の情報発信は、Twitterもフォローください。
 こちらです→ @divinus_jp https://twitter.com/divinus_jp
 このサイトでは、聖地と占いの記事を書いております。

*鑑定について
 メールと電話、対面鑑定を行っています。 鑑定については、こちらで。
 対面鑑定のスケジュールは、こちらで。
スポンサーリンク