メール鑑定

佐助稲荷神社

鎌倉駅からちょっと離れているけれど、バスを使うのもアレだし、周囲は幅の狭い道路です。
アクセスは悪いです。でも、ここも強力なお稲荷さん。

銭洗辨天に近いところにあり、古い道標がありました。

普通の住宅街の行き止まり、といったところに参道。

お稲荷さんらしく赤い鳥居が続きます。

神橋。
ここまでに結構、登ってきているのですが、さ、いよいよという神域に入ります。

振り返ってみるとこんな感じ。

灯籠にたくさんの狐さん。稲荷神のお使い。

拝殿。ご挨拶します。

灯りがともっていて、たくさんの狐の視線も感じますし、このうしろにある山の存在感もあって、コワいくらい。

拝殿のうしろの本殿。ご挨拶します。

山というか、岩の存在がスゴイ。お稲荷さんのいる稲荷山という感じではないけれど、岩の存在感。
ご朱印に「かまくら隠れ里」とありました。この佐助稲荷神社のある山も、それほど急峻ではないのですが、山の陰影が深い場所です。

拝殿から、本殿にまわる道にはたくさんの祠と狐さんがいます。

拝殿の横には泉がありました。
霊狐泉。

佐助川の源泉だそうです。
最初は、この泉の湧く聖地だったのかもしれません。

霊狐泉の前は、岩。この日は雨で、滑りやすい。

この雨もしっとりした雰囲気で稲荷社の参拝には似つかわしい雰囲気です。

鳥居前には下社もありました。
佐助稲荷神社下社

あの参道を登らなくても、こちから参拝できます。でも、やっぱりあの雰囲気はない。

下社には、縁結びの十一面観音さまもおられました。

赤いろうそくを献じてきました。

佐助稲荷神社 神奈川県神社庁のサイト

スポンサーリンク