メール鑑定

熊野皇大神社 (軽井沢)

ご社殿の中央で長野県と群馬県に分かれた神社です。
正面の本宮は県境をまたいでいますが、左は長野県のお宮、右は群馬県のお宮です。

20160518

20160521

20160522

向かって左側の長野県に鎮座されている熊野皇大神社は、那智宮と書いてあります。
熊野那智大社にあたります。
ご祭神は、事解男命(ことさかおのみこと)

こちらは那智宮の神楽殿。授与所もかねています。
20160524

20160523

左側の那智宮は、ご社殿もこの神楽殿も屋根が直線的です。

左奥には、しなの木があります。

うあ、これすごい。ちょっとカンタンには近づけない雰囲気。
ここにいるモノの古さ、力の強さがあります。
カンタンには動かないモノ。
ご本殿の方々とは、別のモノです。

でも、「この木を左回りにまわると縁結びに」という妙にライトな看板が。
じゃあ、回ろうじゃないか。
200160526

20160527

回ったあたりに、この看板も。
「丸い石から見ると、しなの木にハート」
20160528

え?どれ?
これか。
20160529

なるほどね~。

右から、山神社 荒神社。
一番左は、八咫烏社、矢立社とあります。
20160525

この後ろの山に奥宮があるらしいのですが、そこまでは行っていません。
山神社はこの地の地元の方で、奥宮へ続いています。
荒神社は火の神、台所の神さま。
神仏習合のなごりでしょうか。残ってほしい名前です。
八咫烏社は熊野の神使のカラスのお社。

長野県側の軽井沢は、避暑地でもあり観光地でもあります。
そのウェルカムなムードが確かにあるのですが、ここはやはり熊野です。
足の先は、異界がひろがっています。

おみくじは、カラス。手作りだそうで、表情がみんな違います。
20160530

帰り道。
三才くらいの子供がこのカラスを握って、階段を降りていました。
最後のところで、落としてしまって、カラスまっぷたつ。
子供は、あぜんとしていましたが、親御さんが
「あ~あ、飛んでいっちゃった。カラス、バイバーイ」
やはり、熊野は別れの場所かと思いました。

長野県 熊野皇大神社
群馬県 熊野神社

スポンサーリンク