メール鑑定

熊野皇大神社 熊野神社 (軽井沢)

ご社殿の中央で、長野県と群馬県に分かれています。
県境は、ご社殿の前のお店の駐車場も半分。
参道の真ん中、ご社殿の真ん中にも県境があります。
群馬県側からは登山の装備がないと上がってこれないので、軽井沢としました。
正確にいうと、安中遠足(あんなかとおあし)というマラソンのゴールになっているので、登山という装備でなくてもいいのですが、私は、無理。

安中遠足の安中市の案内のページ には、みなさん、かなりゆるいカッコの写真もあって楽しいのですが、けっこうなコースです。
安中遠足は、もともと、安中の武士が藩士の鍛錬のために始めたので、
このマラソンも、侍のカッコをしていたのですが、それがいつのまにか、こんなことに(笑)

古い狛犬。
こちら長野県の担当。
20160514

こちら群馬県の担当。
20160515

狛犬は仏教とともの伝来し、仏像を守るものだったので、
もともとの神道や日本古来の祭祀には関係がなかったそうです。
だから、伊勢神宮や古代にはないのですが、これは古い方です。
室町時代のものだそうです。

ズンドウで、なんだかかわいい姿なのですが、
こうして土に戻っていくようで神々しいと思います。

そして階段。
20160516

結構な高さです。
20160517

正面には3つのご社殿があります。
熊野神社の本宮大社、新宮大社、那智速玉大社の三宮をそれぞれ、勧請されています。
20160518

ご挨拶します。
ご祭神ごとに、どちらがどちらかわからないのですが、 大きくて、しっかりしています。
20160519

真ん中には、本宮。 熊野本宮大社にあたり、こちらは群馬、長野の両方に鎮座されています。
ご祭神は、伊邪那美命(いざなみのみこと)、日本武尊(やまとたけるのみこと)

左側は、那智宮。熊野那智大社にあたり、長野県に鎮座されています。
ご祭神は、事解男命(ことさかおのみこと)

右側は、新宮。熊野速玉大社にあたり、群馬県に鎮座されています。
ご祭神は、速玉男命(はやたまおのみこと)

写真では奥が新宮、つまり速玉大社。真ん中が本宮。手前が那智宮となっています。
20160620

亡くなった伊邪那美命(いざなみのみこと)を追って、
黄泉の国まで行かれた伊邪那岐命(いざなぎのみこと)ですが、
ウジが湧いて、かわりはてた姿の伊邪那美命を見て、慌てて逃げ帰ったのを、
伊邪那美命(いざなみのみこと)は追いかけてきて、
「私はこれから毎日、一日に千人ずつ殺そう」と言ったとされています。
しかし、別の記述によると、
伊邪那美命(いざなみのみこと)は、穏やかに「もう縁を切りましょう」といい、
伊邪那岐命(いざなぎのみこと)は、「お前には負けないつもりだ」と言って
唾を吐いた、ともされています。

その唾から生まれた神が速玉男命。次に掃きはらって生まれた神が、事解男命とされます。
「されます」です。
それだけではないと思うのですが、熊野の神さまはまだ、よくわかりません。

でも、黄泉の国の住人となって、変わり果てた姿を「見ないでくれ」といったのに、見た男の方が、そもそもどうか、と思いますが、神話はいろんな象徴にあふれています。

熊野はあの世とこの世を結ぶ場所。
そして、ここも県境に建つあちらとこちらを結ぶ神社です。
20160521

ここにくると、今では、この現世では、会えなくなった人たちのことを思いだします。
熊野という場所はそういうところだと思うのです。

長野県 熊野皇大神社
群馬県 熊野神社

スポンサーリンク