メール鑑定

サラメシ 真夏の“社長メシ”スペシャル 2018

ランチに焦点をあてたテレビ番組。サラメシは、「サラリーマンのメシ」の略だそうです。

今回は、企業の社長のランチの特集でした。
ぼおーっと見てたのですが、あれ、食べるって占星術だと月だろ?と思って、登場された社長の月と、食べてたランチに関係性があるかな?と調べてみました。
おおざっぱにいうと月のサイン、それから月がもっているアスペクトになります。
出生時間がわからないので、ハウスはありません。

社長、といっても代表取締役社長、ではなくってCEOだったりと正式な肩書きはあるのですが、ここでは失礼してみなさん「社長」とさせていただきました。
社長メシスペシャルですし。

また、表。表とか数字にしたがるのは、理系の性(サガ)(笑

月とランチの関係があるだろう、という仮説→結論「なし」

以上(笑

それでは、あまりにナンなので、もう一度、チャートを見てみます。

すると、月ではなく太陽と関連があるように思えました。
社長はその会社の看板でもあり、また社長自身が押し出すもの、という意味での太陽という、ふたつの意味ではないでしょうか。
そして、この水瓶座の多さは、2018年の夏は不動宮のグランドクロスがあり、食があったし、火星も水瓶座にあったので、こうして水瓶座が注目されるのだと思います。

魚谷社長は、双子座太陽がノーアスペクト。
最初は、ライオン(ライオン歯磨)からスタートし、資生堂として史上初めて外部出身者として社長に就任した方。なんでもできますの双子座らしいけれど、誰もができるわけじゃない。
そして、おしゃれな方。
仕立てのよいボタンまでオーダーしたワイシャツ、それにピアジェの時計。
毎日、腹筋もされていると、おっしゃっていて「当社、美の価値を提供させていただいている会社ですから」と。
それは天秤座海王星がキイとなっていると思いました。
ランチはサバイバルのひとつ、とされているようなランチ。

宮嶋社長は、太陽が乙女座と天秤座の間なのですが、対面販売を得意としている会社なので、たぶん天秤座じゃないでしょうか。
また、現場の店長にどんどん会いに行って、店長とのサシメシをするというのも、天秤座らしいところ。
水星が蠍座なので、売り場の商品に詳しいこの会社の販売員さんらしいと思いました。

寺田社長は、水瓶座。
理論的な栄養素という水瓶座らしく、野菜ジュース。それを常に摂っているのは、さすがです。
そして、一人でというのも水瓶座らしい。
出生時間によっては水星が魚座なので、(社長になってから)「人を誘いずらい」と人づきあいの雰囲気も読んでいるご様子がみてとれます。
牡羊座の火星と太陽がセクスタイルなので、せっかちで仕事をしながら、というところも。

桜井社長は、水瓶座。
短いミーティング時間で必ず雑談を入れるのは、相手のホンネを引き出す事が目的と、ナレーションされていました。
と書くと、なんだかハラの探り合いのようですが、水瓶座なので「要はなんなの?」と情報にイロや上下をつけたくないんだと思います。
新宿の高層ビルの最上階の立派な役員専用食堂で出されるランチはコースだとミーティングにならないと、山羊座にある水星が必要な情報を組織に伝達しているようすが見えます。

高橋社長は、水瓶座。
ケータリングのコミュニケーションランチは、かなり会社イメージのアピールとなっているのですが、普段は、コンビニのおにぎり、と。
添乗員をされていた時は家に帰ることが少なかったというのが、水瓶座っぽいところ。
水星も水瓶座なのでグローバルな感覚、情報はずっともっていらっしゃると思います。

寺田社長、桜井社長、高橋社長の水瓶座社長さんたちは、太陽の向かい側の獅子座に冥王星がある世代。
天王星が牡牛座にあり、蠍座に木星がある2018年の夏は、注目をあびる時期です。

つまり、普段のこのサラメシという番組では、お弁当をつくってくれる家族との愛情が見えたり、仕事の顔とは別の表情が見えたりしますが、社長はそうはいきません。
社長のサラメシは、会社の顔としてのオモテの顔である太陽が、でてくるようでした。

サラメシ

スポンサーリンク