メール鑑定

穴守稲荷神社 拝殿

穴守稲荷神社にお参りするのは久しぶりです。
2020年4月に境内の整備工事が完成して赤い鳥居もピカピカしています。

新しいビジネスビルもできてて、神社の周囲もなんだかスッキリしています。

表参道

以前のこのあたりの雰囲気を残しています。ちょっと昭和。

手水舎の天井

拝殿前にご神田がありました。お稲荷さんなのでお米は大事。

このときは6月にはいった時なので植えたばかりの稲穂です。

ご挨拶します。

お稲荷さんというと、ちょっとしっとりとした感じがするのですけど、まったくしません。
ご祭神は、豊受姫命(とようけひめのみこと)
暖かい空気感がするのは神さまの雰囲気かもしれません。

こちらの神社はもともとは、現在の羽田空港の敷地内にあったものをGHPの接収をうけてこちらにご遷座されてきた経緯があるそうです。
その経緯を知ると「ご遷座」ともいえないような厳しい状況でした。

もちろんご奉仕される方々のご苦労もありながら、ここまでスッキリとされているご様子からも、ご神徳の大きさを感じます。

拝殿の隣に赤い鳥居が奥宮と稲荷山まで続いています。

右側が必勝稲荷。左の小さな祠には御神砂(おすな)と書かれていました。

御神砂をいただいて帰ると招福や商売繁盛、病気平癒に御利益があるそうです。
奥宮でいただけるのですが、手前にもありました。

また、この右の必勝稲荷ですが、奥宮、あるいは稲荷山に向かっていくとだんだんとお名前が変わっていくのです。

なので、順をおってお参りをしながら奥宮、稲荷山に向かいます。

必勝稲荷の次は、開運稲荷

開運稲荷の次は、出世稲荷

出世稲荷の次は、繁栄稲荷

必勝→開運→出世→繁栄と並んでいます。

そうだよなあ、まず自分がちゃんとしてから、周囲の繁栄を願いなさい、ってことなんだと思いました。
感謝も大事だし、周囲への奉仕も大事だけど、まず自分が自分の面倒をみる事、お稲荷さんであるから、自分の食べる分のお米を稼ぎなさいよ、仕事ができるように頑張りなさいよ。
まずは、そこからですよ、話は、と受け取りました。

奥宮に続く鳥居

奥宮でも御神砂はいただけます。

奥宮でもご挨拶しました。
すごい、としか言えません。
以前の奥宮の雰囲気も独特でしたが、昭和から令和にバージョンアップしてパワーアップしておられました。

今年(2022年)は梅雨に入るのかどうかわからないような旱天です。
あじさいもしっとりした雨を望んでいるようでした。

穴守稲荷神社 公式サイト https://anamori.jp/

対面鑑定は、塔里木(タリム)とウラナイエレナにて、お受けいたします。
対面鑑定のスケジュール、出演予定は、こちらの記事でご案内しております。
メールでご相談内容をうかがって、鑑定結果をメールでお送りするメール鑑定メニューは、2種類。「占星術+カード鑑定」と「タロット鑑定」
メール鑑定は、こちらからお申し込みください
オンラインでのZoom鑑定電話での鑑定もお待ちしております。
ここに書いた事は、全体の雰囲気です。「私はどうなの?」も、こちらからどうぞ。

このブログ記事がお役に立ちましたら、こちらからのプレゼントも嬉しいです。

*この記事を書いた人について
 辰巳(たつみ)
 聖地を巡礼する占い師。西洋占星術とタロットを使います。
 メール鑑定と対面セッション、電話での鑑定をしております。
 薬剤師。アロマ検定1級。
 日々の情報発信は、Twitterもフォローください。
 こちらです→ @divinus_jp https://twitter.com/divinus_jp
 このサイトでは、聖地と占いの記事を書いております。

*鑑定について
 メールと電話、対面鑑定を行っています。 鑑定については、こちらで。
 対面鑑定のスケジュールは、こちらで。
スポンサーリンク