メール鑑定

明治神宮 2015年年末

毎年、年末のこの時期に
いただいたお札をお返しにうかがいます。
そして、ご昇殿して参拝します。

よく晴れています。
meiji1

今年は、海外の方が多いようです。日本人より多い感じ。
特に欧米の方々。
聞こえてくるのは、英語だけではなく、
フランス語、スペイン語、ポルトガル語。
参道の一部は、安全のために玉砂利がなくなっていたり、
参道の脇の溝にフタがついていたり、すでに、初詣の準備です。

ご祭神である明治天皇、昭憲皇太后のつくられた和歌が、いつもここにあります。
今は、謹賀新年の看板もついています。
meiji2

天皇陛下のお歌は、御製。皇太后陛下のお歌は、御歌と申し上げます。

御製
さまざまの うきふしを経て 呉竹の よにすぐれたる 人とこそなれ

御歌
人はただ すなほならなむ 呉竹の 世にたちこえむ ふしはなくとも

2020年に遷座100周年という事が看板の左下に書いてあります。
2020年には、このすぐ隣りで東京オリンピック。
星の配置も大きく動く年です。

拝殿の前は、巨大なお賽銭箱。
meiji3

ご昇殿の前に、手水をもう一度して、待ちます。
今年は、ご朱印をお願いする列がたいへん長くできています。

神楽殿は、ご祈願とご朱印をいただく方以外は立ち入れないのですが、
なんとなあく、入ってきてしまう方も多く、受付の巫女さんも忙しそう。
その様子を最初は、うるさいなあ、なんだかメンドくさそうだなあ。
もっと看板を大きくしたりして、立ち入り禁止にしてしまえばいいのに、
と思いつつ、見ていました。

そして、片方で前の時間のお祭り(ご祈祷のことをこう、呼んでいらっしゃいました)をされている気配と、
太鼓の音などを聞きつつ、神さまの気配を感じていました。

でも、ある意味、この世とあの世の間のあいだの場所に、
小一時間、座っていると、
いつのまにか、最初の頃の、ちょっとイライラした気持ちがなくなっていきます。
meiji4

最初に、神楽殿の前にいるときは、なんとなあく入ってくる人の一人なので、
イライラした気持ちもありません。
ちょっと拝殿の前の高い階段のうえにいると、
その様子が見えてきて、めんどくさい気持ちにもなります。
でも、神さまの意識のなかにいると、
そのなんとなあく入ってくる人、それを説明してお戻りいただく人、
そして、それを見てイライラする自分。
さらに、神さまを感じて、落ち着いてきた自分。
すべて神さまの前では、大差ないのだなあ、と思ってきます。

隣りの方は、アメリカから来た親子。息子さんは、中学生くらいかな。
受付で、ビジネスのサクセスの祈りだ、とおっしゃっていました。
いただいたお札には「商売繁盛」と。
ちょっと、ニュアンス違う気がするけど。
しかも、息子さん、最後の直会(なおらい)のお酒、飲んじゃってたけど。
ま、いいか。

そして、この1年のあれやこれや。
この時間が、とても大切です。

お祀りは、去年より少しかわっていました。
大祓詞(おおはらえのことば)とお祓いのあと、
祝詞と御祈願の奏上。
金幣の儀(きんぺいのぎ) という鈴の儀式。
巫女舞。
祈願御弊を奉じて、参拝。
この祈願の御幣は、自宅で紐を結んで神棚にお祭りします。
出口ちかくで、直会。お酒を口にします。

すばらしい。
おめでとうございます。
ありがとうございます。

みなさま、よいお年を。
meiji5

明治神宮

スポンサーリンク