メール鑑定

明治神宮 2019年年末

毎年、この時期にはお札をお返しして、ご昇殿して参拝しています。

今年は雨。今年らしい。
2019年は雨の多い年で、その傷跡もまだ残っています。
そして、お代替わりがあって新元号に改まりました。
その即位礼も雨でした。

参道のいつもの場所には、謹賀新年と御製と御歌。
天皇陛下の和歌を御製(ぎょせい)とお呼びします。
これはご祭神である明治天皇と、奥様の昭憲皇太后の御歌です。

明治天皇 御製
「いそのかみ 古きためしを たづねつつ 新しき世の こともさだめし」

昭憲皇太后 御歌
「へだてなく いつつのくにに 交わるも こころもまこと ひとつなりけり」

年末なのですが、結構な人が参拝されています。
日本人は少なめで、いろんな言語が聞こえてきます。ダイバーシティの東京は、どう変わっていくのかな。

ここからご挨拶します。

拝殿の銅ぶきの屋根も落着いた色になってきて、ご本殿修復工事は終わったそうです。
来年は、遷座百年。

気持ちがやたらデカくなってしまって、お代替わりもあったので、祝詞を低く奏上したあと「皇室の弥栄と世界平和」と祈念しました。
そんなの、私がどうこう、できるもんじゃないけど。

今年は祝詞講座に行ったので、短い祝詞なら奏上できるようになりました。祝詞講座についての記事は、2019年4月 と 2019年9月

神楽殿の前にいて、ご祈願の時間をまっている時は本当に豊かな時です。

祈祷の時間になって、神楽殿にはいると御簾の向こうには陛下の気配があります。有り難いことです。

境内で参拝するときは、「皇室の弥栄と世界平和」と大きな気持ちになっているのですが、神楽殿では、「家内安全 商売繁盛」とスケールが一気に縮まるのが、私の器の小さなところ。

一緒に祈願されてる方々は、今年は15人ほど。
今年は日本在住の方ばかり。数年前にはニューヨークのビジネススクールの団体の方とご一緒になったこともありました。
私も正座はそんなに得意じゃないけど、みなさん、苦労されていたことを思い出します。

初参りの赤ちゃんとご家族。安全祈願の会社。商売繁盛の方。みなさんの祈願とともに、神さまに届けていただいている。
世界平和があってこそ、このひとりひとりの幸せがあるし、ひとりひとりの幸せがあっての、世界平和でもある。

デカいことを祈願するには、小さなことをやっていくしかないんだなあ、と思いました。

厳しい時代に生きている私たちの来年は誰にとっても節目の年。

そんな時に、家族、友人のひとりひとりと幸せになっていきたいし、目の前のひとり、お客様、クライアント、患者さんが幸せになって欲しい。

「小さなことからコツコツと~(by 西川師匠)」は、「一隅を照らす(by 最澄さま)」であって、真理だなあ。

おめでとうございます。
ありがとうございます。

みなさま、よいお年を。

明治神宮