メール鑑定

美和神社 (甲府)

甲斐(甲府)の二宮とありました。

拝殿の真ん前なので、車止め、のように見えますが。

男根をこんな、真ん中に置くかなあ?
ご挨拶します。

甲斐国造に任じられた塩海足尼(しおうみのすくね)が奈良の三輪神社から勧請した、とありました。
「足尼」をすくね、と読むのは、古いなあ。
三輪神社とすると、神さまはオオモノヌシ。
ですが、あまりあの黒くて、コワい感じがしない。無人の社務所は雨戸もしまっていて、ちょっと留守にしています、という感じではありません。
そのせいか、お留守感もあるのですが、オオモノヌシではなくもっと、地元の感じがするのです。

本殿の後ろには、八幡様がおられました。

むしろ、この感じ。

ご神木という大きな看板の先には、この杉。
これ以上は、下草が茂っていて近づけません。

安産のご神木だそうです。

境内にこちら。こっちこそ、男根でしょ。

オオモノヌシというより、命のおおらかさを感じます。男根に安産の神さまです。

美和神社 山梨県神社庁

スポンサーリンク