メール鑑定

甲斐奈神社 (山梨県一宮市)

甲斐奈神社、という神社は、このあたりには4社あります。
そのうちの、総社とされている神社のひとつ。
甲斐の一宮の浅間神社も近くにあり、国分寺・国分尼寺跡が残り、甲斐国の中心だったと思われます。

周囲は畑。ここも無人の神社。

時間のたった拝殿や随神門ですが、境内は掃き清められています。

拝殿には、武田菱。

甲府では、武田氏はどこの神社とも関係しているんじゃないか、と思うくらい武田菱をみます。
実際、そうだったのだと思います。
また、この神社については、この地域の神さまをお集めした総社なので、この地域を代表する武田氏の紋があるのかもしれません。
一方、この地域の総社については、別の神社も総社とされているそうです。
どっちが正しい、というより、私は、両方そうだったんじゃないかな、と思います。
時期によって違っていたり、あるは、多少、色というか方向性が違っていて両方、機能していたのかも。

別称を「神祖明神」(かむろぎみょうじんと読むそうですが、未確認)「林部宮(へえしべのみや)」「橋立明神(はしたてみょうじん)」とも称されます。

扁額には、総祖大明神、でしょうか。

ご挨拶します。

水道のついた流しも見えるような生活感のある授与所には、電気がついていますが、無人。
すぐ隣の畑にいます、という感じです。
小窓にはケータイの番号が表示されていて、用事があればこの番号まで、とありました。
それと同じように、拝殿もちょっとお留守感がありました。

境内の表示です。甲斐奈神社(かいなじんじゃ) 神祖宮(しんそぐう) とあります。

神さま4柱ですけれど、イマイチ、実感がありません。
国常立尊(くにのとこたちのみこと)や造化三神は、あまりに遠くて実感がわかない。

扁額に「明神」とあり、別称にもあるので、明治の神仏分離以前の長い時間では、国常立尊ではなく、別の神さま、明神さま、と言われる神さま、またはもっと仏教に近い信仰だったのかもしれません。

「ちょっと、留守にしていますけど」という、灯りのついた授与所のように、明治の神仏分離からの150年は、長い神さまたちの時間からしたら、「ちょっと、留守にしていますけど」くらいの長さなのかもしれません。

甲斐奈神社 山梨県神社庁のサイト

スポンサーリンク