メール鑑定

志波彦神社・鹽竈神社 志波彦神社

知らないときは、なんで2つの神社のお名前があるんだろう?と思っていたのですが、うかがって納得です。
だって、ふたつのお宮が隣同士にあるのです。

公式サイトから境内図をいただきました。

この記事は、志波彦神社について書いていきます。

塩竈神社のお隣にあるのですが、意外なことにひっそりしてます。
お宮参りやご祈祷は、塩竈神社でお受けになってるからでしょうか。

拝殿

狛犬。

塩竈神社と比べると新しいし、勇ましい。
もともと別の場所にあったとのことですが、明治4年国幣中社に列格されたそうです。
その際、境内もせまかったため、明治天皇の御思召により、明治7年に鹽竃神社の別宮に遷し祀られたそうです。
明治天皇、すごいなあ。

ご挨拶します。

なんだか、すごく古い神さまの感じがします。
そして、志波彦(しわひこ)ってどういうお名前なんだろう?
公式サイトには、「志波彦神社は鹽竃の神に協力された神と伝えられ、 国土開発・産業振興・農耕守護の神として信仰され ている」とされていて「物のシワ、つまり端っこ」だそうです。
朝廷の勢力が拡大したその最前線というところに、神さまにお越しいただいた、という事だと思います。

授与所にはご奉仕されている方はおられますが、塩竈神社とは対照的な静な境内は、神さまの雰囲気だけがあります。

門前のお茶屋さん

鳥居

志波彦神社は、塩竈神社の別宮、鹽土老翁神(しおつちおぢのかみ)と背中あわせのように海に向かっています。

気持ちのよい場所です。
その手前には庭があって、ここも豊かな水がありました。

この地も2011年の東日本大震災の被災地です。
海はすぐそこで、上の写真にも写っているのですが、この神社の足元で津波は止まったそうです。

分厚い堤防、防潮堤。

その向こう側。

塩釜の港の遊覧船

船の発着所である塩釜港旅客ターミナルは、「みなとオアシス・マリンゲート塩釜」と別名があってお土産を買えたり、食事ができたりします。

そのチケット売り場のエレベーター。
津波の高さが示されていました。塩釜駅もここから直結しています。

東日本大震災の津波は忘れることができませんが、その潮流を司る神さまであって、国土を拓く私たちをお導きいただいた神さまとともに、ここにいることはとても有り難いことだと思います。

マリンゲート塩釜 http://www.shiogama.co.jp/marinegate/index.html

志波彦神社・鹽竈神社 http://www.shiogamajinja.jp/

対面鑑定は、塔里木(タリム)とウラナイエレナにて、お受けいたします。
対面鑑定のスケジュール、出演予定は、こちらの記事でご案内しております。
メールでご相談内容をうかがって、鑑定結果をメールでお送りするメール鑑定メニューは、2種類。「占星術+カード鑑定」と「タロット鑑定」
メール鑑定は、こちらからお申し込みください
オンラインでのZoom鑑定電話での鑑定もお待ちしております。
ここに書いた事は、全体の雰囲気です。「私はどうなの?」も、こちらからどうぞ。

このブログ記事がお役に立ちましたら、こちらからのプレゼントも嬉しいです。

*この記事を書いた人について
 辰巳(たつみ)
 聖地を巡礼する占い師。西洋占星術とタロットを使います。
 メール鑑定と対面セッション、電話での鑑定をしております。
 薬剤師。アロマ検定1級。
 日々の情報発信は、Twitterもフォローください。
 こちらです→ @divinus_jp https://twitter.com/divinus_jp
 このサイトでは、聖地と占いの記事を書いております。

*鑑定について
 メールと電話、対面鑑定を行っています。 鑑定については、こちらで。
 対面鑑定のスケジュールは、こちらで。
スポンサーリンク