メール鑑定

志波彦神社・鹽竈神社 鹽竈神社(塩釜神社)

知らないときは、なんで2つの神社のお名前があるんだろう?と思っていたのですが、うかがって納得です。
だって、ふたつのお宮が隣同士にあるのです。

公式サイトから境内図をいただきました。

この記事は、鹽竈神社(塩釜神社)について書いていきます。

地元の方々から「しおがまさま」と称され、崇敬され慕われているのがとてもわかります。
写真に入らないようにしているので、わからないかもしれませんが、この日も境内はなかなか賑わっています。

すごい階段の表参道(表坂)

こちらは東参道(裏坂)

この敷石。ピシッとそろっています。
ご当地も近年であれば東日本大震災があった土地なので、その時はどうだったんだろうと思いますが、それにしてもこの大きさの石がそろっていることで、崇敬を集めるお宮なんだなあ、と思いました。

この東参道に向かう道は七曲坂と言われています。七曲坂は、塩竈神社の神さまが塩を煮るため海辺へ通われた道だそうです。
なので、むしろ表参道より整えられているのかな。

東神門

手水舎

手水舎の周囲は桜。春は見事でしょうね。

門と廻廊

境内の周囲は瑞垣(みずがき)ではなく廻廊。
立派な廻廊だなあ。

狛犬。
ファニーフェイスがかわいいです。

左右宮拝殿(さゆうきゅうはいでん)
正面はいったところにあるご社殿。
左宮に武甕槌神(たけみかづちのかみ)・右宮に経津主神(ふつぬしのかみ)

ご挨拶します。
戦いの神さま。
思えばこの地は蝦夷(えぞ)地の最前線もあったこともあるでしょう。

大きいなあ。
本殿の屋根がみえます。

格調高いご社殿だとお見受けします。

そして、この左右拝殿の右手にあるのが別宮拝殿。

不思議なことなのですが、こちらが本殿のような感じがするのです。
左右拝殿には戦いの神さまがおられて、時の権力者から篤く崇敬されていたのでしょう。
でも、境内にはお宮参りの家族もおられるのですが、ご祈祷をうけているのが、この別宮拝殿なのです。

そして主祭神はこの別宮におられます。
鹽土老翁神(しおつちおぢのかみ)がこちらにおられるそうです。

だろうねえ、とは思いました。
参拝順序で別宮を先に、と書かれているサイトもありましたが、公式サイトには特に記載はありませんでした。
別宮の「別」は特別の「別」なんでしょうね。
そして、この別宮は海を背負った形で西を向いておられます。
海の恵み、浄化の象徴である塩の神さまであり、海難から守ってくれる神さまなのかもしれないな、と思いました。

ご神木

文化6年に奉納された文化灯籠。

灯籠。階段つき。
大阪の豪商・升屋の山片平衛門重芳により寄進されたもの。

けっこうな高台なのですが、池があります。

末社
稲荷社 住吉社 八幡社 神明社

扁額

江戸時代以前には、ご祭神はあまりはっきりしてなかったそうです。
伊達家4代綱村公が学者に調べさせて、現在の三神とされたそうです。

確かに権力者に篤く崇敬されていた陸奥国第一のお宮だと思うのですが、それだけではないと思います。

鹽土老翁神(しおつちおぢのかみ)は潮流を司り、塩をもたらす神さま。

潮流は、見えない流れです。
つまり、潜在意識の示す先やとるべき行動を示していただける神さま、というのが現代の私たちにわかりやすい姿かもしれません。

志波彦神社・鹽竈神社 http://www.shiogamajinja.jp/

対面鑑定は、塔里木(タリム)とウラナイエレナにて、お受けいたします。
対面鑑定のスケジュール、出演予定は、こちらの記事でご案内しております。
メールでご相談内容をうかがって、鑑定結果をメールでお送りするメール鑑定メニューは、2種類。「占星術+カード鑑定」と「タロット鑑定」
メール鑑定は、こちらからお申し込みください
オンラインでのZoom鑑定電話での鑑定もお待ちしております。
ここに書いた事は、全体の雰囲気です。「私はどうなの?」も、こちらからどうぞ。

このブログ記事がお役に立ちましたら、こちらからのプレゼントも嬉しいです。

*この記事を書いた人について
 辰巳(たつみ)
 聖地を巡礼する占い師。西洋占星術とタロットを使います。
 メール鑑定と対面セッション、電話での鑑定をしております。
 薬剤師。アロマ検定1級。
 日々の情報発信は、Twitterもフォローください。
 こちらです→ @divinus_jp https://twitter.com/divinus_jp
 このサイトでは、聖地と占いの記事を書いております。

*鑑定について
 メールと電話、対面鑑定を行っています。 鑑定については、こちらで。
 対面鑑定のスケジュールは、こちらで。
スポンサーリンク