メール鑑定

竹駒神社 拝殿 奥宮

手水で清めたので、唐門から拝殿に向かいます。

ちょうど夏越しの祓の時期だったので茅の輪ができていました。
左右の灯籠がちょっとおもしろい。

狐さんの下で邪鬼が灯籠をささえています。

ガンバってるね。

提灯

門に提灯ってやっぱりお寺っぽい。
まあ、明治以前の神仏習合の時代は、どちらも一緒に手を合わせていましたしね。

扉には宝珠

とても立派なもので、ご神威を感じます。
ご祭神は竹駒稲荷大神と称されます。

社殿
ご挨拶します。

とても清々(すがすが)しい場所です。
神社の境内にあるお稲荷さんにあるような「しっとり感」はありません。
また、このご社殿は、1990年放火で焼失し1994年に再建されたそうです。

神社としては苦難の時代もあったのだと思いますが、そこにご奉仕する方の気持ちが離れなかったおかげで、神さまもここにずっとおられるのだと思います。

社殿わきの小さな鳥居から奥宮に参ります。

半地下のように階段を降りていって授与所とご社殿を結ぶ通路をくぐっていきます。

奥宮

鳥居が白いのも格調があります。
こちらで参拝したあと、しばらく立っておりました。

「神さま」という言葉がないとしても、この場にきたら平伏し、あるいは手をあわせるということをすると思います。
この後ろのお山にさす光と、震えるようなエネルギー。

この時は周囲に誰もおられなかったのですが、確かに見られている感覚があるのです。
お稲荷さんが「コワい」という方が時々、おられますが、この感覚なんだと思います。

隣の命婦社

お社はなく、宝珠が3つ。

命婦とは、霊孤のことで、願い事を稲荷大神に取次いでいただけるそうです。
お遣いの狐さんが稲荷神社ではたくさん、おられる事があるのですが、そういえば、ここはそういった場所はなく、この命婦社にすべてお集まりされているのかもしれません。

こちらは、とても清浄な感じがします。そして、「見られている」というより、私に近いところにいるようなエネルギーです。

奥宮への階段を振り返ると、ご社殿の屋根がみえます。

このお宮、さらにはこの奥のお山からおりてくるエネルギーを受け止めるのですし、また、たくさんの方々の参拝もあるでしょうから、このくらいのご社殿の大きさは必要でしょうね。

エネルギッシュな聖地です。

まだ、続きます。

竹駒神社 https://takekomajinja.jp/

対面鑑定は、塔里木(タリム)とウラナイエレナにて、お受けいたします。
対面鑑定のスケジュール、出演予定は、こちらの記事でご案内しております。
メールでご相談内容をうかがって、鑑定結果をメールでお送りするメール鑑定メニューは、2種類。「占星術+カード鑑定」と「タロット鑑定」
メール鑑定は、こちらからお申し込みください
オンラインでのZoom鑑定電話での鑑定もお待ちしております。
ここに書いた事は、全体の雰囲気です。「私はどうなの?」も、こちらからどうぞ。

このブログ記事がお役に立ちましたら、こちらからのプレゼントも嬉しいです。

*この記事を書いた人について
 辰巳(たつみ)
 聖地を巡礼する占い師。西洋占星術とタロットを使います。
 メール鑑定と対面セッション、電話での鑑定をしております。
 薬剤師。アロマ検定1級。
 日々の情報発信は、Twitterもフォローください。
 こちらです→ @divinus_jp https://twitter.com/divinus_jp
 このサイトでは、聖地と占いの記事を書いております。

*鑑定について
 メールと電話、対面鑑定を行っています。 鑑定については、こちらで。
 対面鑑定のスケジュールは、こちらで。
スポンサーリンク