メール鑑定

香取神宮 楼門本殿

楼門です。
kato8

大晦日の前だったので、お正月の準備がしてありました。
このお社の上、すぐ上が空。
そこに大きなモノが、いらっしゃるようです。
kato9

拝殿は、美しい黒です。
装飾があって、中世の武士の時代を感じます。
kato10

どうしても鹿島神宮と比べてしまうのですが、
香取神宮の方がより「武士」の感じが残っていて
具体的、実践的です。
もし、具体的に何か、思い切ってすべきことがあれば、
鹿島神宮で、自分のなかの勇気ともいえるエネルギーを得て
香取神宮で、実際の手段を講じる、ということでしょうか。

妙義神社とか、日光東照宮もこんな感じ。
こっち、こっちと言われて、拝殿の横から本殿裏へ。
振り返ると、拝殿のひさしに、境内の砂の光が反射していました。
kato11

本殿の左右にある鳳凰です。
左右でスタイルが違います。
kato14

kato13

香取神宮


このブログ記事がお役に立ちましたら、こちらからのプレゼントも嬉しいです。

*この記事を書いた人について
 辰巳(たつみ)
 聖地を巡礼する占い師。西洋占星術とタロットを使います。
 メール鑑定と対面セッション、電話での鑑定をしております。
 薬剤師。アロマ検定1級。
 日々の情報発信は、Twitterもフォローください。
 こちらです→ @divinus_jp https://twitter.com/divinus_jp
 このサイトでは、聖地と占いの記事を書いております。

*鑑定について
 メールと電話、対面鑑定を行っています。 鑑定については、こちらで。
 対面鑑定のスケジュールは、こちらで。
スポンサーリンク