メール鑑定

鹿島神宮 楼門高房社

楼門です。
kasi6

これは、楼門のうしろ。雷と日月だと思います。
ご祭神、タケミカヅチ、ですから。ミカヅチは、雷。
より原初にちかいパワーを感じます。
kasi8

kasi7

境内の本殿前に、高房社があります。
言ってしまうと、ジャマな場所です。
どうしても目だっているので、
仕方ないので(笑)先にご挨拶しました。
kasi13

札を読むと、ご祭神のタケミカヅチノオオカミに付き従った方、
ということでした。
古くから、こちらを参拝してから、本殿に参拝するとのこと。
どうりで、自己主張しているわけです。
左にみえるのは仮殿とのことです。
鹿島神宮では、どこもそうなのですが、ご社殿の後ろの木が、すばらしいです。

高房社のとなりにある石は、方位を示しています。
高房社が西向き。本殿は、北向き。

普通、神社は南か東むきなので
ちょっと珍しいです。

考えてみると、
高房社が向いている方向には、富士山。
また。本殿は、元宮といわれる坂戸社、沼尾社の方向を向いているようです。
kasi14

本殿と楼門はこんな感じ。
この写真の右に高房社があります。
kasi19

八雲さんは、東国三社と富士山との関係については
八雲さんのページから 東国三社

また、東国三社をめぐるレイラインについては、
内田さんのレイラインについての記事をお読みください。
内田一成さんのページから 鹿島トライアングル

鹿島神宮

スポンサーリンク