メール鑑定

目黒不動尊 大本堂 大日如来

天台宗 泰叡山 瀧泉寺。
目黒不動です。江戸五色不動のひとつ。
IMG_10201504

まずは本堂にご挨拶します。本尊はお不動様です。
関東36不動の霊場でもあります。
加持もされいるようですが、うかがった時は静かな境内でした。
こちらの関東三十六不動霊場には、本尊の写真もありました。

大本堂の回廊をそのまま、まわって裏へ。

本堂の裏には、大日如来様がいらっしゃいます。
以前は、露座していらしたのですが、
すごい屋根(覆屋)がついていました。
IMG_11201504

大日如来は宇宙の中心、宇宙そのもの。
だから、あたまの上には北辰(北極星)を含む動かない星が書かれています。
当時の北極星と、今の北極星はその位置が違い、
また、西洋の星座とは違うので、
カタチも違うのですが、星座が描かれています。
それぞれ東西南北にそれぞれ7宿で、28宿図です。
IMG_12201504

さらに、大日如来の後ろは、鳥居があります。
小さな祠と地主神、とあります。
IMG_13201504

大本堂とそのなかの本尊、
そして、その裏の大日如来を通して、
この小さな祠を拝するようになっています。
もともとの土地の神様です。
地下水が、断崖によって滝になって落ちていて
水源となった聖なる場所におられたのは、こちらの方。
そこに、お寺を建てられたという事だと思います。

ご挨拶します。
この方、チカラあるなあ。

さらに、この大日如来の庭の四方には、四天王がお守りしています。
広目天
IMG_14201504

多聞天
IMG_16201504

持国天
IMG_17201504

増長天
IMG_18201504

この大本堂裏は、ひとつの宇宙となっています。
ここは、大本堂の裏が、重要。

目黒不動尊 (ちょっと見にくいなあ)
天台宗東京教区の紹介のページは、こちら。