メール鑑定

目黒不動尊 前不動 水かけ不動

天台宗 泰叡山 瀧泉寺。
久しぶりの目黒不動です。江戸五色不動のひとつ。
仁王門からうかがいます。
IMG_01201504

「お寺」なので、山門。鹿島神宮の門は、楼門。
鹿島神宮の門は、こちら。
kasi6

神社とお寺、ってなんとなく分けて考えているけど、
ここ目黒不動の山門には、仁王様のうしろに、狛犬。
いい感じに神仏習合中。
IMG_02201504

こちらは、近くの羅漢寺川による
谷地になっていて、その幾つかの湧水が出ています。
ここもそのひとつ。
境内にはいると、階段の上にお堂があって、
ちょうど段差というか崖の部分から
滝になって地下水がおちています。

前不動堂のところの滝。
IMG_03201504

前不動堂は、戦火を逃れた江戸時代のお堂だそうで、
将軍や幕府の偉い方々が本堂にお参りしているときに
庶民が 本堂に入れなかったのでそのために建てられたらしいです。
IMG_04201504

庶民も将軍もお参り。ここも、江戸の人気スポットだったんだなあ。
左右に狛犬?というか、普通の犬。
なんとなくオチこんでいるように見えるけど、
敬意を表しているのだそうです。
IMG_05201504

目黒不動には、なぜか犬が多く、帰って調べてみました。
犬は神使のひとつ、だそうです。
考えてみれば、
高野山に弘法大師を、お導きしたのが地元の狩人。
実は、地元の神さまの狩場明神ですが、連れていたのは、二匹の犬でした。

その隣りには、垢離堂(こりどう)と、独鈷(とっこ)の瀧。
IMG_06201504

IMG_07201504

ここで、滝にうたれる修行がされるようです。
垢離堂の前は、立ち入り禁止の札がありました。
南面して日のあたるところのせいか、
行場(ぎょうば)の感じはあまりしません。
使っているのかな?
お勤めされている方々の気持ちがあって
管理されている所も大きいと思います。

でも、滝行はカンタンにはできないけど、
独鈷の瀧のなかには、お不動様がいらして
こちらに水をおかけして、代わりにケガレを祓っていただきます。
ナイスなシステム。
IMG_08201504

境内にあがる階段の下にあるのも、ポイント。
実は、仁王門のそばに、神社で手水舎にあたる水場があるのですが
そこより、こちらがおすすめです。

さ、滝行もすんだ(つもりだ)し、お参りしましょ。
男坂の下にいる、これも犬。
IMG_09201504

ここは、滝がすごくいい感じです。

目黒不動の犬については、
日本参道狛犬研究会さんの、こちらのページが詳しかったです。
日本参道狛犬研究会のページは、神使のページも楽しいです。

目黒不動尊 (ちょっと見にくいなあ)
天台宗東京教区の紹介のページは、こちら。

スポンサーリンク