メール鑑定

阿・吽 (阿吽) 第二巻 ~最も澄んでいる者という呪

帯に山崎涼子さんのメッセージがあります。
「『日出処の天子』を描いていた頃の熱を感じます」
その通りで、熱量がすごい。

第二巻では、最澄が中心。
そして、桓武帝の苦悩と、最澄との出会い。
空海は最後にチラっとでてくるだけ。
でも、空海の熱量も、圧倒的。

第一巻のときの記事を読み返すと、
私、ちょっとヒいて、読んでるなあ、と感じるのですが
この熱量にすっかり、巻きこまれています。

桓武帝は、都を奈良から長岡に移し、
さらに京都に移された方。
桓武帝って、「見えてた」方だと思っていたのですが
今のところ、そうではない。
苦しいほどの愛と悩みをお持ちの方のようです。

「見えてた」のは、桓武帝ではなく、側近の和気清麻呂だと。
うーん、そうかも。
宇佐八幡宮の神託もそうだし。

彼の銅像がなんで、
東京のど真ん中、皇居のそばにあるのかが不思議だったけど
けっこう、しぶといお方なのかもしれません。
和気清麻呂の銅像のそばには、平将門の首塚もあります。
このあたりも、おもしろいところ。

和気清麻呂像 千代田区観光協会
将門塚 千代田観光協会

薬子も登場して、今後の怨霊度もアップしていくと予想され、
この熱量を保ったまま、物語が広く、濃くなっていくのでしょうか。
おかざきさん、大丈夫かなあ?
そして、おかざきさんの熱についていけるのかなあ?

「答えを途中で出すのは、弱い者のすることだ」
胸にしまっておきます。

阿・吽 第二巻

阿・吽 2 (ビッグコミックススペシャル)