メール鑑定

鉄砲洲稲荷神社

江戸時代は、
米、塩などの消費物資がこの鉄砲洲の港へ入ってきていました。
今も、こちらの住所は、湊(みなと)です。
豊穣の神であるとともに、
鉄砲洲稲荷神社、鉄砲洲生成太神(いなりのおおかみ)は
波を止めるという、波除(なみよけ)の
海上守護の神として、崇敬されていたそうです。
当時、この社の隣りはすぐ入江。
te1

鳥居のとなりの石塔。
大きくてリッパなものです。
でも、足元に植木鉢があって、下町っぽい神社の雰囲気です。
te3

ご挨拶します。
今は、海は少し遠くなり、
まわりは住宅や会社になっているのですが
やはり、海に関連した場所であることが、わかります。
te2

拝殿のかなには、獅子頭がありました、
以前うかがった波除神社にも、獅子頭がありました。
波風をピタリとおさめたご神威に対して奉納されたのが、
一声で万物を威伏させる「獅子」の頭だそうです。
江戸っ子は、威勢がいいのです。

波除神社の記事は、こちら

摂社は、八幡神社とありました。
te5

お賽銭の神紋も八幡さまだし、
ご挨拶すると、基本の感じは八幡さまでした。
でも、のぞいでご挨拶すると、まんなかに八幡神社。
その右に琴平神社、住吉神社。右側は海チーム。
その左には、浅間社と三輪社の相殿、天満社。左は山チーム。
どなたが、こんな風にされたのか、いい感じのバランス。

奥には富士塚。登れません。
te6

うしろのマンションの壁にくっついてしまってるけど。
頂上にはお社もあります。
te7

社務所。
te4

この建物、いい感じです。
下町は東京大空襲で焼かれたので、そのあとに建ったものでしょうけど、
窓ガラスや、外灯もいい感じだなあ。

お祭りは賑やかだろうなあ。

あ、こちらも新しくなる予定だそうです。
そうするとあの社務所も新しくなるんですね。
te8

鐵砲洲稲荷神社

スポンサーリンク