メール鑑定

蔵前神社 福徳稲荷神社

落語の「元犬」にでてくる八幡さま。
今の大相撲の発祥である勧進相撲が行われた場所。
そんなイメージの場所でした。
kura1

その雰囲気は残っていて、
鳥居のまわりの玉垣に、相撲協会や落語家 林屋正蔵の名前が見えます。
kura2

kura3

でも、事前のイメージからしたらとても小さな場所で、
周囲は、マンションとそれほど大きくない会社に囲まれています。

八幡さまの感じはしますが、
勧進相撲や落語といったウキウキしたエネルギーではなく、
安心できる場所になっています。
開け放たれた拝殿の扉を通して、澄んだ空気が流れて
ご奉仕されている方々の気持ちがわかります。
kura4

もともと、生類憐みの令の将軍綱吉の生母桂昌院の働きかけで、
石清水八幡宮からの勧請されたそうです。
そこに別当として、雄徳山大護院(おとこやまだいごいん)が建立され、
幕府からの保護も、厚くありました。
江戸時代の地図をみるととても大きな伽藍の寺院だったことが想像されます。
また、桂昌院は成田山新勝寺の不動尊も厚く信仰しています。
これも彼女の発願で建立した護国寺を通じ、
度々、お不動さまを江戸に出張させる、出開帳が行われて、
江戸っ子に人気のイベントになったそうです。
その後、この大護院には、成田山新勝寺からの不動尊も遷されますが、
明治にはいってからの神仏分離、廃仏毀釈の政府の方針で、
雄徳山大護院は廃寺となり、不動尊は深川へ移動されました。
今の深川不動になるようです。

深川不動の記事は、こちら。

そういった由緒もあるのですが、いまは静かな地元の八幡さまです。

これは、お稲荷さんの鳥居。写真の奥にお宮が見えます。
kura5

福徳稲荷神社。
kura6
専用の鳥居を持っていて、お稲荷さんらしいなと思います。

蔵前神社のサイトには、蔵前神社は、単に桂昌院のプライベートな祈願所ではなく、
この場所を含む7つの寺社が北斗七星を表し
それが護国寺を北極星を表す護国寺に向かっている、と書いてありました。
地図が見えにくいので、あらためて書いてみました。
下の方から、増上寺、愛宕神社、日枝神社、神田明神、蔵前神社、浅草寺、寛永寺。
左上が護国寺です。
蔵前北斗七星

どうでしょうか。

境内の「元犬」
人間になろうと、お参りにきているのかな?
それとも、犬にもどっちゃったの?
もしかして、将軍綱吉の生類憐みの令のお礼で
ここにお勤めしているの?
kura7

蔵前神社

スポンサーリンク