「スサノヲの到来 いのち、いかり、いのり」展

スサノヲは、粗野で暴力的。
でもその一方で、妻に日本最初の和歌を、詠ってしまう繊細さ。
この相反する要素を持ち、
しかも、追放されて居場所がなくなっても、
なんの問題もない、その圧倒的な生命力。
そんなイメージを持っていました。

松涛美術館は巡回展の最後になります。
あまり広くない会場なので、展示も絞った数になりますが
建物もすばらしく、落ち着いていて
区立なので、入場料も安い。

展示の、地下のゾーンでは、生命を奪い、そして与えるもの。
そして、上の会場では、スサノヲのスピリットをもつ現代アート。

地下の展示だからでしょうか。
この世ではなく異界を統治するものを感じます。
神社でも、お寺でもないのですが、このコワさはなんだろう。
展示ケースの向こうには、異界。

むしろ、感じたのはスサノヲの生命力というより
生命をあたえ、そしてうばっていく力。
そして、それをとらえようとするヒトの力。

土器の蛇紋人面深鉢
羽黒山の三神合祭殿社殿前の御手洗池で出土した鏡
熊野牛玉宝印版木
木食知足の「飛白書三社宮(神)号」
高野山の「鎮火一筆龍王之図」
平田篤胤の「仙境異聞」
出口なおの「お筆先」

そうそう、渋谷氷川神社とその神宮寺の宝泉寺の縁起絵巻もありました。
地元へかえってきた巡回展で、地と響きあっているのかもしれません。
ここ、渋谷にもスサノヲはいます。

スサノヲという破壊と創造のパワーの前では、
そこから先は、異界だというアンテナを立てる必要があります。
必要がある、というより、皮膚があわだつような感覚があります。

00085031

スサノヲの到来 2015年8月8日から9月21日
松涛美術館