メール鑑定

上野 東照宮 拝殿

江戸城の鬼門の守りとして、藤堂高虎と天海僧正によって、上野は作られています。
また、京都の比叡山は京都の鬼門の守り。
その東版として作られたのは、東叡山寛永寺。
それとともに、こちらも、江戸城の鬼門の守りとしては必要な場所。

透塀の内側。
20160130

ちょうど、本殿に太陽が照り返していて、金色に輝いています。
まぶしい。

神域を感じるのとは、違うのですが、これはこれで神々しいのです。
教会などの装飾に黄金が多用されていて、
それに神秘を感じますが、その気持ちはわかるなあ。
アップで。
20160131

拝殿。
ご挨拶します。
20160132

先ほどの唐門のときより、やはり「近い」感じがします。
扉には、法輪が描かれており、仏教のシンボル。
神社ですが、仏教。

唐門の裏側の彫刻。
20160133

隙間があるということに、恐怖を感じているんじゃないかと思うほど、びっしり。
ここも、太陽の光を照り返して、キラキラ。

本殿は、スカイツリーを向いています。
江戸から東京とかわった今でも、この場を見守っているんだな。
20160134

上野東照宮 ホームページ


*この記事を書いた人について
 辰巳(たつみ)
 聖地を巡礼する占い師。西洋占星術とタロットを使います。
 メール鑑定と対面セッション、電話での鑑定をしております。
 薬剤師。アロマ検定1級。
 日々の情報発信は、Twitterもフォローください。
 こちらです→ @divinus_jp https://twitter.com/divinus_jp
 このサイトでは、聖地と占いの記事を書いております。

*鑑定について
 メールと電話、対面鑑定を行っています。 鑑定については、こちらで。
 対面鑑定のスケジュールは、こちらで。
スポンサーリンク