メール鑑定

居木神社

居木神社。大崎の鎮守様です。
iru1

ちょっと高いところにおられます。
別の場所から移ってこられたとのことですが、
このあたりは、もとは海で足をあらうような場所だったことでしょう。

居木橋遺跡。貝塚でもあります。
古墳とか、貝塚に神社が建っているのは、時々みます。
古くは、そこで祭祀が行われていた場所で、その後、神社が建てられたのかもしれません。
iru2

拝殿。ご挨拶します。
大きいなあ。鎮守様、といっても、この地を守るだけでなく、大きな目的もありそうな方。
iru3

本殿の屋根。
iru6

以前は、雉子(きじ)ノ宮と称されていたそうです。
ご祭神は、日本武尊(やまとたけるのみこと)
雉子といえば、鳥越神社
鷲神社と同じように、白鳥を象徴とされる日本武尊の事。
鎮守さまといっても、スケールがデカいはずです。

境内には厳島神社。水に関係した神さま。
iru5

居木稲荷神社。
iru4

境内には大きな桜がありました。このときは、まだつぼみ。
iru7

居木の名前は、日本武尊が渡る荒海を鎮めるために入水した
弟橘姫(おとたちばなひめ)の船の残木を浪人が拾い上げ、これを祀ったところから、と聞きました。
木があった場所なので、居木神社。
弟橘姫の伝説は、亀戸浅間神社や、妻恋神社にもありました。

海にむかって開けていくような大きな気持ちになります。
未知のものに向かって飛び込んでいく勇気。
iru8

居木神社
居木貝塚について 品川区立品川歴史館 2005年3月 PDF